白浜松翠雑記投稿タイトルリスト

  
お読み頂けるタイトルが下記リストに御座いましたら、
①そのタイトルのみを左から右へマウスの左でなぞって下さい。自動的にGoogleの検索欄にタイトルが表示されます。検索をクリックし、検索されたタイトルをクリックすると開かれます。
または
②タイトルの右に記載している年月に該当する記事欄の右サイドにあるバックナンバー欄下に並んでいる茶色の****年**月をクリックして下さい。**月分が全て開きます
。バックナンバー欄下に該当する****年**月分が無い場合はバックナンバーをクリックして下さい。表示されます。

社会(全般)     サッカーボール事件の賠償責任は誰にあるのか 2015年4月
社会(国際)     日米地位協定改定には、阿部総理のパールハーバー訪問が欠かせない 
                                 2016年5月
社会(司法)     「1票の格差」の判決の差は、何故 2015年4月
社会(政治)        安倍総理の靖国神社参拝  2013年12月
社会(政治)        流行語大賞2013と特別秘密保護法 2013年12月
社会(政治)      企業献金をした企業とそれを受けた議員は同罪 2015年2月
社会(政治)       政治資金規正法のザル法は改正すべき 2013年3月
社会(政治)      補助金を受けた企業であることは知らなかったの証明 2015年3月
社会(政治)      日本国憲法第九十五条は何処へ行った 2015年3月
社会(政治)      党首討論の非論理的な答弁 2015年5月
社会(政治)      集団的自衛権は合憲とする憲法学者の理由の一つ 2015年6月
社会(政治)     日米地位協定は最悪の不平等協定 2015年6月
社会(政治)     下村文部科学大臣は更迭すべき 2015年6月
社会(政治)             新国立競技場の有識者会議の決定は正しいのか 2015年7月
社会(政治)      下村文科大臣、新国立競技場のデザイン選択理由を何故今頃求めるのか 
                                 2015年7月
社会(政治)             ザハ・ハディト氏のデザインによる新国立競技場の建設は取止めよう                                               2015年7月
社会(政治)             新国立競技場問題の責任をとるべき人は、下村文科大臣と建築家安藤氏
             2015年7月
社会(政治)             安保法案の賛否で衆議院の野党の退席は、怠慢であり無責任 2015年7月
社会(政治)     新国立競技場の必要要件の提案とその理由  2015年7月
社会(政治)     新国立競技場の総工費の一部を東京都民が負担すべきか 2015年7月
社会(政治)     下村文科大臣も自ら辞任すべき 2015年7月
社会(政治)      安保法案は、合憲か違憲か 2015年8月
社会(政治)     桝添都知事の釈明は、非論理的 2016年5月
社会(租税と予算) 複数消費税率の導入で、自民党と公明党が握手するには条件あり 2013年9月
社会(租税と予算) 国は、国民のために真摯に消費税確定申告制度を制定しているのでしょうか 
2013年7月
社会(租税と予算) 消費税の課税制度と納税制度は、ITを活用して抜本改革を 2013年5月
社会(租税と予算) 消費確定申告制度は、一般用確定申告のみに改正すべき  2013年3月
社会(租税と予算) 復興特別税法は、国民背信法  2013年8月
社会(租税と予算) 旧態然とした「相続した土地・建物の譲渡所得額算出方法」は、改正すべき 
                                 2013年4月
社会(租税と予算) 来年度予算の概算要求には、財政再建に取組む意気込みが見えない 2013年8月
社会(租税と予算) ふるさと納税で自己負担金が発生しても、その損得は特産物の価値と負担額次第
                                2014年7月
社会(原発と環境) 2011年3月の計画停電に協力しなかった東京都民 2013年3月
社会(原発と環境) 福島原発事故による地下水汚染防止工事費 2013年9月
社会(原発と環境) 福島原発港湾堤防の封鎖について 2013年9月  
社会(原発と環境  「汚染水はコントロール下にある。」とは? 2013年9月
社会(原発と環境) 廃棄物にされるLEDの金属回収と環境汚染防止
社会(著作権)         「日本工業規格」は、著作権法で保護すべき著作物なのでしょうか:   2013年5月
社会(著作権)        美術作品の写真の著作権は 2013年9月
社会(製造物責任)  腰が痛くなるベッドは「製造物責任法」に抵触するのでは 2015年10月
社会(製造物責任) 旭化成副社長の発言では、杭打ち測定器には信頼性がないことになるが  
              2015年10月
社会(経済)     借金返済で「過払い」は何故おきるの  2014年8月
経済          通販の低価額・小型商品の送料は、高い 2015年3月
経済         インドネシア政府は恩を仇で返した 2015年10月
経済                         初乗り1Km400円の走行料金方式2案の提案 2016年6月
社会(表示)            メニュー表示問題は、誤表示ではなく偽装表示 2013年11月
社会(表示)        「新春フルーツ福袋」のアレルギー成分なしの表示は適切か  2014年1月
社会(表示)     送料は、商品価額に併記すべきです 2014年10月
社会(表示)     通販の果物、重量まで訳あり 2015年5月
社会(表示)     カシオや量販店のカシオ製液晶付時計HP掲載写真の多くは、偽装写真?
              2016年5月
社会(全般)             青森県黒石市の写真コンテスト入賞可否よりも、いじめ問題を取上げべき
            2016年10月
家電・省エネ           蛍光灯照明器具の規格に固有エネルギー消費効率を 2013年1月
家電・省エネ           明るさを忘れた調色機能付き照明器具  2013年1月
家電・省エネ           省エネラベリング制度と蛍光灯照明器具の規格  2013年7月
家電・省エネ            LEDシーリング器具の定格寿命まで部屋の初期の明るさを持続させる方法
                                  2013年9月
家電・省エネ      人感・明暗センサー付きE26ソケットを何故2分間点灯に制限するのでしょう 
                                 2013年5月
家電・省エネ       省エネ・エアコンについて思うこと  2013年1月
家電・省エネ       家電機器の省エネと回収率 2013年2月
家電・省エネ       アルミサッシの断熱化で省エネと結露防止を 2013年3月
家電・省エネ       アルミサッシの断熱化で省エネと結露防止を
                                 第2弾 アルミサッシの簡易断熱化対策 2013年8月
家電・省エネ       箍が緩んだ節電 2013年9月                          
家電・省エネ          照明器具の四つの不当表示は、企業の社会的責任欠如の証し  2013年10月
家電・省エネ       蛍光灯照明器具の重要規格(明るさと消費効率) 2014年2月      
家電・省エネ        LEDの寿命4万時間の数字で製造・販売事業者に踊らされている 2014年2月
家電・省エネ      標準画質で放映されない映像とそれに対応できない映像レコーダ 014年4月
家電・省エネ      まやかしの省エネテレビ 2014年6月
家電・省エネ     断熱用ポリエチレンフィルムの断熱効果 2015年2月
家電・省エネ     アンプの定格出力と性能(音質)・機能 2015年3月
家電・省エネ     オンキョウ製セットコンポX-NFX7の欠陥 2015年4月
家電・省エネ     DAC等の出力電圧規格とプリメインアンプの入力電圧規格の整合
             2015年6月
文化(放送)               最近のテレビ番組は、文字を使いすぎ  2013年1月
文化(放送)               電子番組表の映画欄は、映画マニアの為にあるの?  2013年2月
文化(放送)         テレビ番組の放送時刻は、ジャスト時刻に 2013年7月
文化(放送)         テレビ画面左右にメインタイトル、サブタイトルの常時・間欠表示の廃止を 
                                 2013年12月
文化(放送)      消費税率アップによる免税事業者への影響に関する報道番組 2014年3月
文化(放送)      BS放送は高画質なのでしょうか。その影響と4Kの画質は。 2014年5月
文化(放送)     スターチャンネルのBS放送は他局のBS放送と放送方式が違うのでしょうか?
             2014年5月
文化(放送)      ふるさと納税に関する番組、制度の説明が不充分。誤解を招く。 2014年6月
文化(放送)      自動車会社は、コマーシャルを読ませる気はあるの 2014年8月
文化(放送)     放送業界は「VTR」の用語の使い方を正すべきです 2014年9月
文化(放送)     テレビ朝日の用語VTRの使い方 2015年3月
文化(放送)      用語VTRは、放送では使用禁止用語にすべき  2015年4月
文化(放送)     「映像」を「VTR」と云うTV放送関係者、教養の無さが分る 2016年5月
文化(美術)               ヨハネス・フェルメールブーム  2013年2月
文化(美術)        版画(デジタル画像)の簡易修復方法 2013年11月
文化(美術)        江戸~昭和の風景版画 第1回 2013年12月
文化(音楽)         MP3の音質と活用 2013年8月
文化(音楽)      歌手の皆様、耳障りな「息継ぎ音」だけは聴かせないでください 2014年10月
文化(音楽)      ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」 2016年5月
文化(音楽)      Windows Media Player 12の功罪 2016年7月
文化(名称)               滝名と日本国名の読み方の統一化  2013年2月
文化(名称)          自生種(山野草、高山植物、木)の品名を構成している用語集 2013年5月 
文化              日本三大建造物  2013年6月
文化              日本三大祭 2013年7月
文化            産業革命遺産の世界遺産登録は是か非か 2015年5月
文房具                      万年筆の字幅記号の字幅表示は、筆跡に加えてサイズを 2013年4月
科学・IT                    ビューアソフト等の画質の統一化とISO化の提案  2013年2月
科学・IT                   金環日食、皆既日食そして月食は、何故おきるの  2013年3月
科学・IT                   金星の太陽面通過 2013年4月
科学・IT        STAP細胞について、今何をすべきか 2014年4月
科学・IT        インクジェット・プリンターの明るさ調整奮闘記 2014年8月
科学・IT                   フレッツ光でもIEの立ち上がりが遅く、立ち上り時間がばらつくのは何故なのでしょう
             2014年10月
科学・IT         4Kモニターの時代にドット抜け2Kモニターを何故販売するのでしょう
              2015年2月
科学・IT        プリント用紙の変更で明るさ調整の不具合解決 2015年3月
科学・IT        市販の湿度計の示す湿度は、本当に正しいのか 2015年2月
科学・IT        水素社会の実現性は  2015年3月
科学・IT        Windows10へのバージョンアップは制限されている 2015年8月
自然                          日本の3,000メートル峰と世界の8,000メートル峰 2013年4月
自然                          日本三大自然  2013年4月
医療                          パソコンのモニターが末広がりの台形見えるメガネ 2013年4月
趣味          パワーアンプの電力エージングと音質 2015年2月
趣味          MP3の音楽アルバム(フォルダー)名を快適に設定・選択できないセットコンポ
             2015年2月
スポーツ                    統一球について思うこと 2013年6月
スポーツ                    日本相撲協会は、変化、張り差、喉輪、猫騙しを禁じ手に 2013年6月スポーツ        もう待ってはいられない相撲技のルール改定を 2015年1月
スポーツ        繰り返される横綱の変化技 2015年1月
スポーツ        日本サッカーは個人技をもっと磨く必要がある 2015年1月
スポーツ        横綱白鵬の度重なる変化 2015年3月  
スポーツ        34回目の優勝は汚れた優勝  2015年3月
スポーツ        IOCは、オリンピック開催月を7月8月ではなく10月にすべき 2015年8月
スポーツ       佐野氏の東京オリンピックエンブレムの使用は、中止すべき 2015年8月
スポーツ       記者会見でのエンブレム使用中止理由は、まともじゃない 2015年9月スポーツ       横綱鶴竜は、横綱を返上すべき 2015年9月
スポーツ       オリンピック開催都市は、持ち回りを止めて固定にすべき 2016年10月

2017年6月14日 (水)

宇治原さん、Qさまを降りないなら視聴者に謝罪すべきです

テレビ朝日のクイズ番組Qさまが好きで、何時も視聴していますが、宇治原氏は非常に優れた回答者だとは思ってはいません。
でも、宇治原氏は「自分は京大出、お笑い芸人であるガスレーザーに負ける筈がない。」と、思い込んでいるのでしょうか、「ガスレーザーさんに負けたらQさまを降りる。」と豪語しました。
宇治原氏が冗談で「ガスレーザーさんに負けたたらQさまを降りる。」と云ったとは、決して思いません。驕り高ぶって、お笑い芸人のガスレーザーさんを馬鹿にしたのです。
宇治原氏は自分で思っているほど優秀なクイズ回答者ではありませんし、自分の云ったことに対して全く責任を取ろうともしません。
天明麻衣子さんが優勝、ガスレーザーさんが2位、宇治原氏が4位以下になったとき、宇治原氏はQさまを降りませんでした。
また6月12日、ガスレーザーさんが優勝し、宇治原氏は負けましたが、その番組でも降りるとは云いませんでした。MCもこのことについて何も云いませんでした。
今回の負けで、宇治原氏はどうされるのでしょう。テレビ朝日はどうされるのでしょう。
このままうやむやにし、時が経てば視聴者は忘れるだろうとでも思っておられるのでしたら、それは無理です。
宇治原氏を見る度に思い出します。視聴者はいつまで経っても決して忘れません。
ですから、宇治原氏は自らQさまを降りない、テレビ朝日も相変わらずQさまに登坂させるのであれば、
次回の番組で宇治原氏に謝罪させて下さい。テレビ朝日も宇治原氏登坂させたことを謝罪すべきです。
宇治原氏とテレビ朝日両者が謝罪すれば、登坂を許し、時の流れと共に豪語を忘れて行くかもしれません。

2016年10月29日 (土)

青森県黒石市の写真コンテスト入賞可否よりも、いじめ問題を取上げべき

青森県黒石市の写真コンテストの入賞作品に写っていた女性がいじめを苦に自殺したとして主催者側が賞を取り消したことで、マスコミは大騒ぎしていますが、マスコミは肝心な事を全く忘れています。
ここで最も重要な事は、いじめによる自殺です。何故いじめが起きたのは、いじめ問題を取上げるべきです。

オリンピック開催都市は、持ち回りを止めて固定にすべき

オリンピック開催都市の持ち回り方式では、持続的開催は費用の点から不可能です。
持ち回り方式はやめて、開催都市は固定にすべきです。
IOCは、オリンピックの持続的開催をしたいと考えているのであれば、これを採用すべきです。
施設等の初期投資は掛かるでしょうが、次期開催では、保守費用程度に抑えられます。
1.固定開催都市は、オリンピックの発祥地ギリシャとする。
2.施設建設費用は、参加国が参加国のアスリート人数で負担する。10人以下の国は費用負担不要。
3.毎回の運営費用は、オリンピックで得られる収入で賄う事を原則とするが、不足分は参加国が参加国の
   アスリート人数で負担する。

追記
東京都も真面目に正確に全費用を算出し東京都民に公開していれば、東京都民は誘致していなかったと思います。
東京都も政府も正確な費用を算出せず、付和雷同的に誘致したためで、誘致した後で費用で喧喧がくがくとしているのは、どうみてもお利口な集団とは云いがたい。
2024年以降も、この様なこと避けるためにもオリンピック開催都市は固定にしたい。

2016年10月 2日 (日)

「地下空間を作る。」の決定人物の特定i調査は最悪。出来るわけがない。

小池都知事は記者会見で、「建屋の下は盛り土をせず地下空間を設置する。」を決めた人物は特定出来なかったと説明されておりましたが、数人を集めて職員がヒアリングして調査する方法は最悪の方法です。
同僚が同席してのヒアリングでは絶対に真実を話さないし、都の職員に真実を話す訳はない。
「地下空間を設置する。」を決めた人物や団体が特定されないように調査をしたように思える。
調査のやり直しが必要です。
豊洲新市場建設仕様書を作成し業者に提示した「作成者及びこれを承認した者」が「建屋の下は盛り土をせず地下空間を設置する。」を噂や議論されていいること等で知っていたとしても、「地下空間を設置する。」が指示されたり、「作成者及び承認者」の所属している団体(チーム、部門等)の決定事項でなければ、自ら仕様書を「建屋の下は盛り土をせず地下空間を設置する。」にしたことになるので、「建屋の下は盛り土をせず地下空間を設置する。」を決めたのは、「作成者及び承認者」です。
しかし、「作成者及び承認者」が他の者に指示され作成・承認した場合はその指示者、「作成者及び承認者」が所属するチーム、プロジェクトや部門などの団体が決めた事項に従って作成・承認した場合はその団体ですが、その場合でも「作成者及び承認者」がそれを公に明らかにしない場合は「作成者及び承認者」が「盛り土をせず建屋の下に地下空間を設置を決めた者」です。
この観点に立ち、調査をすることにしたものです。
下記のような項目で新市場整備部の全員に記入方式で問えば、「人物」や、「部門」、「チーム」等の団体が特定出来るのではありませんか。

                              調査方法
記入年月日=
部門名=
職位、チーム名等=
氏名=

質問1.専門会議の決定事項「盛り土の上に建屋を建てる。」について答えて下さい。
1-1.知っている。 [はい、いいえ]
  「はい」に○を付けた人は、1-1-1,1-1-2について答えて下さい。
 1-1-1これを知ったのは
  a.設計の前
  b.設計の途中
  c.設計後
  d.建屋建設開始
  e.建屋建設中
  f.建設完了後
  です。該当に○を付けて下さい
 1-1-2.どうやって知りましたか。

質問2.「建屋の下は盛り土をせず地下空間を設置する」について
 2-1~2-7から該当する番号を「選び答えて下さい。
 2-1.上司の指示で行なった。
   a上司の職位と氏名は
 2-2.所属している部門(部、課、係など)で話し合って「地下空間」を作ることにした。
   a.理由は何ですか。
   b.これを上司に報告しましたか。
   c.承認されましたか。
   d.関係部門に連絡しましたか
 2-3.チームリーダの指示で行なった
 2-4.チームで話し合って「地下空間」を作ることにした。
   a.理由は何ですか。
   b.これを上司に報告しましたか。
   c.承認されましたか。
   d.関係部門に連絡しましたか
 2-5.上司、リーダー以外からの指示で行なった。
   a指示者の部門、職位と氏名は
 2-6.自分一人で「地下空間を作る。」を決めた。
   a.理由は何ですか。
   b.これを上司に報告しましたか。
   c.承認されましたか。
   d.関係部門に連絡しましたか
 2-7.指示した人は、
  2-7-1.「地下空間」を作ることを決めた。
   aその理由は何ですか。
   b.これを上司や上層部に報告しましたか。
   c.承認されましたか。
 2-7-2.上司、上層部の指示で、部下やチームに指示した
   a.その上司、上層部の所属部門、職位と氏名

2016年9月26日 (月)

豊洲新市場の地下空間設置目的は土壌汚染対策の為なのか。

豊洲新市場の建屋の下は盛り土されず地下空間になっているが、これが何の為にあるかとテレビで色々と報道されているが、私は報道されている目的以外にあると思っています。
この建屋は住宅と異なり1階フロアの下には配管等を設置する空間とそのメンテナンスする空間が必要です。
盛り土をしてその上に建屋をたてると、建屋を高床にしなくては配管等に必要な空間が出来ません。
そうすると盛り土慈上面と1階フロアに段差ができるので、食品運搬車の搬出・搬入にはエレベータやエスカレータの設置が必要になります。緩やかな坂も良いでしょうが長くなり時間がかかり場所も必要となるがスロープは危険です。
運搬車の搬出・搬入に不向きな段差を避けるため、建屋の下に盛り土をせず地下空間を作りその上に建屋を建てたのでしょう。

 

2016年7月 7日 (木)

Windows Media Player 12の功罪

Windows Media Player 12を使っていますが、
A)アルバム情報の正確さ
B)タイトルの重複
C)アルバムの分類
D)変換
で、善し悪しがあり、全面的にWMPを利用してはいません。
B)とC)に欠陥?があり、音楽の再生には使用していません。A)とD)を使って全てのCDをMP3に変換し、USBメモリ保存しにタイトル数約10000を他器で再生しています。
それでは以上の項目について説明しましょう。
A)アルバム情報
Windows Media Player 12を開きCDを挿入すると、タイトル、トラック番号、参加アーティスト、作曲家が表示されます。このアルバム情報はCDに収録されていない情報ですので、重宝しております。
しかし、中には全く異なる情報が表示されることがあり、面食らうことがあります。
今までの経験では、国内盤では一度もなく、輸入盤で数回ありました。輸入盤の1枚物では一度もありませんでしたが、2枚またはセットもの(5CD, 8CDなど)でおきており、2枚組では3回、セット物では3回ありました。
また、誤情報ではなく、全く別のCDであったことが1回ありました(CDに印刷されているアルバム名は正常だが、中身が別のCDでした。)。
誤情報であるかどうか、直感で直ぐ分るものと、CDの印刷面や解説書などに書かれている情報と見較べないと分らないものあります。
直感で直ぐ分らないCDについては
まず、Windows Media Player 12を開きCDを挿入したときに表示されるタイトル3~4個の長さ(時間)をCDの印刷面や解説書に記載されている時間と見較べます。
1.異なる場合は、別のCD。タイトル名、トラック数を確認し聴いた上で間違いなければ、販売店に交換を要請します。
2.同じ場合は、
CDの印刷面や解説書のタイトル名と見較べます。
2-1同じなら、MP3等で取り込みます。
タイトル情報としては不要なものでタイトルが長くなり、後述される楽章やテンポがWMPやCDプレーヤで表示されないことよくありますので、適切な長さに収まるように修正します。
参加アーティスト、作曲家など誤記や記入漏れがあれば、修正や書き込みをします。
取り込み後の修正は面倒な操作が必要ですので、取り込む前に措置しておきます。
2-2異なれば、
a.解説書情報で「編集」を使って修正し、MP3等で取り込みます。
タイトル名の長さは、適切な長さにします。参加アーティスト、作曲家など誤記や記入漏れがあれば、修正や書き込みをします。
b.タイトルを右クリック→「アルバム情報検索」をクリックし一致していないタイトルを修正する方法がありますが、取り込んだ後でないと修正出来ませんし、自分の好みにすることもできませんので使っていません。

B)タイトルの重複
1タイトル1個が音楽鑑賞上守られるべきものです。この原則がWMPでは守られていません。
実例で説明しましょう。
アルバムを開くと、タイトルが表示されますが、タイトルが何個も重複されて表示されています。
下図をご覧下さい。重複の1例ですが、同じタイトルが24個あります。この重複原因は何処にあるのでしょう。このタイトルを右クリックし、プロパティをクリックするとタイトルの場所が分ります。
24個の場所を全て調べると、場所が7箇所ありそれが幾つもダブっていました。
1.この7箇所は、必要があって7フォルダーにアルバムを保管していた場所です。
CDを取り込むと、ライブラリのマイ・ミュージックにアルバムが保管されるのですが、WMPを開いている間、メディア・ライブラリの更新が行なわれ、マイ・ミュージックにあるフォルダーにのみならずコンピュータにある全てのファイルを検索して収集しタイトルとして表示されている。
→1個ではなく、少なくとも保管数は重複される。
2. WMPを開いている間メディア・ライブラリの更新が常に行なわれ、7箇所全てを収集しても収集は止まらずいつまでも収集し続け、7個ではなく24個にもなっています。その後直ぐ見たら26個になっていました。
→タイトル重複は無限に向って限りなく続く。
25個を削除しても、タイトル収集は再開して重複していく。
また、アルバムボタンをクリックで表示される画面の1番下にある「不明」の欄では約2万個になっています。削減しても直ぐ2万個まで収集してしまいます。
削減は無駄な行為と云うことです。
WMPの再ンストールをしてみましたが、WMOのタイトル収集癖はなくならい。
要するにWMPは1タイトル1個に制限する機能がない欠陥アプリなのです。
                        注:下表をクリックして下さい。拡大し読みやすくなります。
Concertno2524_2
c)アルバムの分類
WMPのアルバムの分類は、アルファベット、アイウエオ、数字しかなく、フォルダー階層での分類はできませんので、数百のアルバムを快適に選択することは出来ません。
因みに、ジャンル別の記号をアルバム名の前に付けてみましたが、上下のスクロールで選択は快適では無く極めて不便でした。
それに加えて、WMPの更新機能で、ジャンル別に分類に従来のアルバムが追加されるのでアルバム管理に手間がかかるなどするので、WMPのアルバム機能(注:WMPを開くと左に表示されるアルバムボタン)では再生していません。
現在のアルバム再生は次の通りです。
Dドライブに下図の分類フォルダーを構築して、ここにアルバムを保管。
1)聴きたいアルバムを開きタイトルをクリックし、USBDACを使ってアンプで聴く
2)USBメモリに保管して、USBメモリを再生出来るCDプレーヤで再生して、アンプで聴く。
2方法がありますが、殆ど2項で聴いています
参考
音楽の分類
M1:クラシック器楽
M2:クラシック声楽
M3.ポピュラー器楽
M4:ポピュラーヴォーカル

 M1:クラシック器楽の分類

Photo_5
M3.ポピュラー器楽

Photo_8

D)変換
WMPにはCD(PCM)を変換する方法が幾つかありますが、使用容量の少ないMP3を使っています。
256Kbpsでは、115Mb/CD1枚 (~15KHz)
320Kbpsでは、144Mb/1CD   (-20KHz)
音質がCDより低下しているとは思われません(下記の再生機器)。
これを云うと、耳が悪いのでは云われる人がいますが、CDと聴き比べても違いは分りません。一度目隠しをして聴き比べてみるとよいと思います。

参考 
1.再生
MP3再生機の都合で、256Kbpsと320Kbpsで変換し、データー量を大幅に減らしています。
タイトル数で10000曲越です。(曲・楽章はタイトルとして勘定)
・再生機器
  1.Windows7、USBDAC、PMA1500、112EX、SX-500
  2.A)NetworkCD-N500、PMA1500、D-212EX、SX-500 
   B)NetworkCD-N500、DAC、PMA1500、D-212EX、SX-500
   NetworkCD-N500は、日本語漢字を表示出来る唯一の機器。
  3.CLX-30(256Kbps、本来は320Kbpsも動作する筈なのですが、音飛びをします。)
   半角英数字と半角カタカナ文字のみ表示。。
・利用
1.バックミュージックとして聴く場合は2-B。アルバム連続再生が可能。
2.真面目に聴くときは、2-A。アルバム連続再生が不可能。
3.1は殆ど利用していない。

2.Windows Media Player 12の再インストール方法
  「Windows機能の無効化と有効化」を使って再インストールする。
  「Windows機能の無効化」(=アンインストール)
    1.コントロールパネルの「プログラム・アンインストール」を開く。
    2.左上にある「Windows機能の無効化と有効化」をクリックする。
    3.しばらく待つ。
    4.「メディア機能」の+をクリックする。
    5.「Windows Media Player」のチェックを外す。
    6.「OK」をクリックする。
    7.再起動する。
    8.「Windows Media Player 12」のアンインストール完了。
  「Windows機能の有効化」(=インストール)
    1.コントロールパネルの「プログラム・アンインストール」を開く。
    2.左上にある「Windows機能の無効化と有効化」をクリックする。
    3.しばらく待つ。
    4.「メディア機能」の+をクリックする。
    5.「Windows Media Player」にチェックを入れる。
    6.「OK」をクリックする。
    7.再起動する。
    8.「Windows Media Player 12」のインストール完了。

2016年6月25日 (土)

初乗り1Km400円の走行料金方式2案の提案

東京都のタクシー会社が「老人が近くてもタクシーを使いたい。」の要望が強いので、初乗り距離を1Kmで400円にしたいと国土交通省に申し入れました。』のニュースをテレビでみました。
この方式を、いずれか他の道府県のタクシー会社も導入するだろうと思いましたので、全国で使える初乗り1Km400円走行料金方式を2案策定してみました。
第1案は、初乗りが一つの1Km400円の走行料金方式(シングル初乗り式)です。
第2案は、初乗り1Km400円と初乗り2Km730円の二つの初乗りがあり、乗車距離で初乗り1Km400円と初乗り2Km730円を自動的に使い分ける走行料金方式(ダブル初乗り式)です。
第1案は、現行初乗り2Km730円と同じ方式で、初乗り1Km以下の乗車距離を400円に引下げたもので。1Kmを越えると、一定距離毎に料金が加算されるのは現行と同じです。
第2案は、現行の初乗り2Km730円の料金体制を変えず初乗り1Km400円が行えるようにしており、乗車距離1Km以下では400円、1Km越2Km以下は現行の730円、2Km越では一定距離毎に料金を加算する方式で、近距離の料金を安くしたものです。現行の初乗り2Km730円の一部改定となります。
近距離の料金は
    シングル初乗り方式(初乗り1Km400円)<ダブル初乗り<現行シングル初乗り方式1Km730円)
となります。
また、配車料金は、配車距離で加算が開始する距離が変わるスリップ式、配車距離に応じた料金になる変動式、配車距離に関係なく料金一律の固定式がありますが、これらを二つの料金システムと組み合わせてみました。
その結果、走行料金の点から見比べると「第1案シングル初乗り式+1Kmスリップ式」が最もよく、最悪は「第2案ダブル初乗り式+固定式」です。第2位は「第2案ダブル初乗り式+1Kmスリップ式」です。
下記に2×3=6通りについて、
 ①走行料金算出式、
 ②3Km以下100m毎の走行料金表、
 ③走行料金比較表
を記載していますので、6通りを見較べて下さい。
これらが初乗り1Km400円の導入の参考になれば、幸いです。
(注:全ての表は、表をクリックすると拡大されます。文字が小さくて読めない表はその表をクリックして下さい。)

[加算料金]
冒頭で述べたように初乗り2Km730円をベースに初乗り1Km400円の加算料金方法を2案策定しました。
尚、値上げを避けるため、初乗り2Km730円で使用していた加算レート(規定距離293m、加算単価90円)を使用しています。
東京23区の加算レートは280m90円ですが、293m90円より10%ほど高いので神奈川県タクシー協会等が採用している加算レートにしました。
第1案シングル初乗り式
 乗車距離が初乗り距離を越え時、初乗り料金に超え分の料金を加算していますが、この方法は上記
 で述べた一般的な方法です。
 計算式
  乗車距離≦1000
   走行料金=初乗り料金=400円
  乗車距離>1000
   走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
         =400+(((乗車距離-1000)293)の切り上げ値)×90
         注:参考 
          ((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値の算出は、
               Excelの加算単価*roundup(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)、0) で行なっていま
        す。   

第2案ダブル初乗り
 乗車距離が1km以下の初乗り料金は400円、1Km越での初乗り料金は730円とし、2Km越えでは、
 加算レート(規定距離293m、加算単価90円)で加算する。
 計算式
  乗車距離≦1000m
   走行料金=初乗り料金
         =400円
  1000<乗車距離≦2000m
   走行料金=初乗り料金2
         =730円
  乗車距離>2000m
   走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-2000)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
         =400+(((乗車距離-2000)/293)の切り上げ値)×90

第3案ダブル加算
 これは参考までに追加したものです。
 加算を2段の加算レートで行ないます。
 加算1:乗車距離が1Km越え~2.080Km以下では規定距離270m、加算単価90円の加算レートで
 加算する。
 加算2:乗車距離が2.080Km越では、規定距離293m、加算単価90円の加算レートで加算する。
     注1:規定距離270m、加算単価90円の根拠
        初乗り2Km730円では、乗車距離2Kmで730円
        初乗り1Km400円では、乗車距離1Kmで400円
       従って
       2Km-1Km=1Km
     730円-400円=330円
        なので、残った1Kmの乗車料金は330円となります。
        これを90円で乗車できる距離を算出すると、(1000/330)×90=272.7m≒270m
      注2:2.08Kmの根拠
        1000/270=3.7、 3.7の切り上げ値は4
        1+.0.270×4=2.080 (3だと1.81で2Kmにならない。)
 計算式   
  1000m<乗車距離≦2080m
   走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
         =400+(((乗車距離-1000)/270)の切り上げ値)×90
  乗車距離>2080m
   走行料金=加算1の2080mの走行料金+(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値)
          ×加算単価
         =400+90×4+(((乗車距離-2080)/293)の切り上げ値)×90
       注:2000ではなく、2080なのは、730+90×4円の費用で2080mまで乗車できるため。

[配車料金(迎車料金)]
1.1Kmスリップ方式
 計算式
  a)第1案シングル初乗り
   配車距離<1000m
    加算料金は、乗車距離が(1000-配車距離)を越えた地点から、加算料金が加算されます。
    走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-(1000-配車距離))/規定距離)の切り上げ値)×加算
            単価
             =400+(((乗車距離-(1000-配車距離))/293の切り上げ値)×90
   配車距離≧1000m
    加算料金は、乗車地点から加算されます。
    走行料金=初乗り料金+((乗車距離/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
             =400+((乗車距離/293)の切り上げ値)×90
  b)第2案ダブル初乗り
     配車距離<1000
   1)乗車距離≦1000-配車距離
    走行料金=初乗り料金
              =400円
        2)1000-配車距離<乗車距離≦2000-配車距離
          走行料金=初乗り料金2
                =730円
        3)乗車距離>2000-配車距離
           走行料金=初乗り料金2+(((乗車距離-(初乗り距離2-配車距離))/規定距離)の切り上げ値)
                               ×加算単価
                 =730+(((乗車距離-(2000-配車距離))/293)の切り上げ値)×90
      配車距離≧1000
         走行料金=初乗り料金2+(((乗車距離-1000)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
               =730+(((乗車距離-1000)/293)の切り上げ値)×90

Photo_3

    例:加算料金算出法が第1案の場合
    例1:配車距離≧1Km、乗車距離=1Km
      加算料金=乗車距離0mを越えた地点(乗車地点)から加算料金が加算されます。
      走行料金=初乗り料金+((乗車距離/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
                      =400+((1000/293)の切り上げ値)×90=400+4×90=760円。
    例2:配車距離≧1Km、乗車距離=500m
        加算料金=乗車距離0mを越えた地点(乗車地点)から加算料金が加算されます。
        走行料金=400+(500/293)の切り上げ値×90=400+2×90=580円。
    例3:配車距離=500m、乗車距離=1Km
        加算料金=乗車距離500mの地点越えから、加算料金が加算されます。
              =初乗り料金+(((乗車距離-配車距離)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
        走行料金=400+(500/293)の切り上げ値×90=400+2×90=580円。
    例4:配車距離=500m、乗車距離=500m
        加算料金は乗車距離500mの地点越えから、加算料金が加算されます。
   500mの地点で下車するので、加算料金は発生しない。
        走行料金=400+0×90=400円。
    乗車距離1Km越えの走行料金、および、加算料金算出法第3案の例については、4項の走行料金表
    を見て下さい。

2.配車料金変動式
  配車料金は、配車距離に比例する料金にする。
  配車料金=配車距離×配車単価の1円の位で4捨5入。
  配車単価=330円/1000m=0.33円/m
  配車料金の制限=最大330円

  第1案シングル初乗りの場合
    乗車距離≦1000m
        走行料金=初乗り料金+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                       =400+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
    乗車距離>1000m
       走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
                    +(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                    但し(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入値は、最大330円。
                       =400+(((乗車距離-1000)/規定距離)の切り上げ値)×90
                           +(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
    例1:配車距離=500m、乗車距離¬≦1Km
        配車料金=500×0.33=165円→170円(4捨5入)
        走行料金=400+170=570円
    例2:配車距離=1200m、乗車距離≦1Km
        配車料金=1200×0.33=396円→330円(330円制限)
        走行料金=400+330=730円

  第2案ダブル初乗りの場合
    配車距離>1000m、乗車距離≦1000m
        走行料金=初乗り料金+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                        =400+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
        参考:(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入の計算は、
                   Excelのround((配車距離×0.33)、0)で行なっています。
    配車距離>1000m、1000<乗車距離≦2000m
        走行料金=初乗り料金2+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                        =730+(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
    配車距離>1000m、2000<乗車距離
        走行料金=初乗り料金2+(((乗車距離-初乗り距離2)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
                           +(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                           但し、配車料金は、最大330円。
                        =730+(((乗車距離-2000)/規定距離)の切り上げ値)×90
                            +(配車距離×0.33)の1円の位で四捨五入
                           但し配車料金は、最大330円。

3.配車料金固定式
1Kmで730円/2=365円の考えもありますが、初動費用は初乗りの400円で70円を支払っているので、330円としました。
  計算式
  第1案シングル初乗りの場合
    乗車距離≦初乗り距離
        走行料金=初乗り料金+配車料金
    乗車距離>初乗り距離
        走行料金=初乗り料金+(((乗車距離-初乗り距離)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
                            +配車料金
                        =400+(((乗車距離-1000)/270)の切り上げ値)×90+330

  第2案ダブル初乗りの場合
    乗車距離≦初乗り距離
        走行料金=初乗り料金+配車料金
                        =400+330=730円
    初乗り距離<乗車距離≦2000
        走行料金=初乗り料金2+配車料金
                        =730+330=1030円
    乗車距離>2000
        走行料金=初乗り料金2+(((乗車距離-初乗り距離2)/規定距離)の切り上げ値)×加算単価
                            +配車料金
                        =730+(((乗車距離-2000)/規定距離)の切り上げ値)×90+330

4.走行料金表
 以上の条件の下に 提案している案について、通常利用と配車利用(迎車利用)の走行料金を表に
  纏めてありますので、どれがよいか見較べて下さい。
  第1案シングル初乗り(1Kmから加算)と1Kmスリップ方式を組み合わせた料金体系が最も優れている
   ことがお分かり頂けると思います。
   この方式が全国のタクシー事業者、個人タクシータクシー自動車協会に導入され、国土交通省が認可
   することを願うものです。
  4-1.通常利用
      料金算出対象:第1案(シングル初乗り、第2案ダブル初乗りと第3案(ダブル加算)
      乗車距離:3Km以下で100m間隔
           第1案(シングル初乗り、第2案ダブル初乗りと第3案(ダブル加算)の走行料金表
Photo_8
  4-2.配車利用(迎車利用)
   料金算出対象:第1案(シングル初乗り、第2案ダブル初乗り。
   但し第3案については算出していない。
        配車料金:1Kmスリップ方式、変動、固定
   配車距離:1Km以上と500mに限定
        乗車距離:3Km以下で100m間隔
      

                                                                                        第1案シングル初乗り

Photo_7

                                                                      
                                                                                      第2案ダブル初乗り
2_3
5.走行料金比較
 5.1通常利用
      比較表をご覧下さい Photo_10  ①第1案は第2案に比し1.5m以下では150~240円安いが、それ以上では±60円の差。
      近距離利用者には優しくなっています。
 ②第2案は現行に比し1Km以下では240円ほど安いが他の乗車距離では変らない 。
  (これは当然なこと。初乗り1Kmを400円に値下げしたため)

 5.2迎車利用
         第1案(シングル初乗り)における配車方式による走行料金比較表

Photo_11

  ①乗車距離500m以下では、変動式、固定式は1Kmスリップ方式より、配車距離500mでも1Km
          でも170~330円高くなる。
  ②乗車距離600m以上では変動式はスリップ式より80~-10円高いが、固定式は150円~210円も高く
     なる。

         第2案(ダブル初乗り)における配車方式による走行料金比較表

Photo_12

  ①配車距離1Kmでは、乗車距離1Km~1.5Kmでは変動式、固定式はスリップ式より150~240円
          高くなる。
  ②配車距離500mでは、変動式は乗車距離1.5Km以下でスリップ式より160円安くなったり170円
    高くなる。
         固定式は全乗車距離で150~330円高くなる。

                      1Kmスリップ方式による第1案と第2案の走行料金比較
                     条件:配車距離500m、1km、配車レート(293m90円)
1km_4  ①第2案(ダブル初乗り)は、配車距離500mでは乗車距離500m以下では第1案(シングル初乗り)より
         150円~240円高くなる。
  ②第2案(ダブル初乗り)は、配車距離1Kmでは乗車距離600m~1Kmで第1案(シングル初乗り)より
         150円~240円高くなる。
  ③他の乗車距離では+60~-30円ほど高くなる。

 結論
  ①配車料金の加算方法は1Kmスリップ方式>>変動式>>>固定式で、1Kmスリップ式が
         最も優れてる。
  ②1Kmスリップ方式でも、第1案(シングル初乗り)>第2案(ダブル初乗り)
  走行料金の低減から見れば、
   [第1案(シングル初乗り)+1Kmスリップ方式]>[第2案(ダブル初乗り)+1Kmスリップ方式]>
   [現行(初乗り2Km730円+1Kmスリップ方式 
  です。
  推奨は、もっとも料金改定が大きい [第1案(シングル初乗り)+1Kmスリップ方式]です。
  [第2案(ダブル初乗り)+1Kmスリップ方式]は、今まで使っていた初乗り2Km730円の料金体制を変えず
  に初乗り1Km400円が行えるシステムになっていますので、現行料金制度初乗り2Km730円の一部改定としておきたい場合は、これが最適です。

参考1:用語の定義
混乱を避けるため、用語の定義をまとめてみました。
通常利用=タクシー会社が定めた地点(駅前、病院前など。駅待ち、病院待ち)または走行している
        (流している)タクシーを止めた地点で乗車し目的地まで行く乗り方
迎車利用=乗車したい地点にタクシーを配車させ、その地点で乗車し目的地まで行く乗り方
走行距離=乗車距離+配車距離(迎車距離)
走行料金=乗車料金+配車料金(迎車料金)+低速料金
乗車距離=乗車地点から下車地点までの距離
配車距離(迎車距離)=配車開始地点から乗車地点までの距離
配車単価=配車距離1mの料金
乗車運賃=乗車地点から下車地点までの料金
配車料金(迎車料金)=配車開始地点から乗車地点まで配車する料金
加算料金=初乗り距離より長い距離を乗車した場合、初乗り料金に加算される料金
加算単価=初乗り乗り料金に加算される料金を算出するために規定距離(例:200m、280mなど)
                        を乗車出来る最少の乗車運賃(例えば、293m90円、280m90円など)
規定距離=加算単価で乗車出来る最大の乗車距離
加算レート=加算料金の算出に用いる規定距離加算単価(例:293m90円)
低速料金=乗車時、時速10Km以下の走行時(0Km/時である停止や待ち時間も含む)に、走行運賃
         に加算される料金。但し、配送時時速10Km以下でも走行運賃には加算しない。
低速時間=時速10Km以下の走行時(時速0Kmである停止や待機時間も含む)の走行時間
                        (単位:分)
低速単価=時速10Km以下の走行時(時速0Kmである停止や待ち時間も含む)時、規定分当たりで
         加算される料金

参考2:配車利用の現行走行料金(神奈川県、普通車)
     加算レート=293m90円
初乗り2km730円の1Kmスリップ方式、
配車距離1Km以上(乗車地点1Km以上離れた地点から配車された)の場合
 乗車距離1.00Km以下の走行料金は730+90×0=730円
 乗車距離1.00Km越え~1.293Km以下の走行料金は730+90×1 = 820円
 乗車距離1.293Km越え~1.586Km以下の走行料金は730+90×2=  910円
 乗車距離1.586Km越え~1.879Km以下の走行料金は730+90×3=1090円
 乗車距離1.879Km越え~2.172Km以下の走行料金は730+90×4=1180円
 乗車距離2.172Km越え~2.465Km以下の走行料金は730+90×4=1270円
 乗車距離2.465Km越え~2.758Km以下の走行料金は730+90×4=1360円
 乗車距離2.758Km越え~3.051Km以下の走行料金は730+90×4=1450円

配車距離0.5Km(乗車地点から0.5Km離れた地点から配車された)場合
 乗車距離1.5Km以下の走行料金は730+90×0=730円
 乗車距離1.5Km越え~1.793Km以下の走行料金は730+90×1  =  820円
 乗車距離1.793Km越え~2.086Km以下の走行料金は730+90×2=  910円
 乗車距離2.086Km越え~2.379Km以下の走行料金は730+90×3=1000円
 乗車距離2.379Km越え~2.672Km以下の走行料金は730+90×4=1090円
 乗車距離2.672Km越え~2.965Km以下の走行料金は730+90×5=1180円

尚、東京23区、280m90円なので、加算料金は神奈川県より10%ほど高くなる。

2016年6月 2日 (木)

カシオや販売店がHPに掲載しているカシオの液晶搭載時計の写真は景品表示法第4条違反

カシオや販売店はカシオ製時計に搭載している液晶モジュールまたは液晶パネルの背景色を実物(モノクロ調)とは全く異なる明るい黄緑色にした優美で魅力的な写真を掲載して、広告や通信販売しています。
その販売方法は景品表示法第四条(不当な表示の禁止)や特定商取引法律第12条(誇大広告等の禁止)に抵触していると思います。
下記はその調査報告です。お読み下さい。
消費者庁は、この実態を調査して頂き、以上の通りと判断された場合は、然るべき措置をお願い申し上げます。
                                                                                      記
1.羊頭狗肉商法を調査するきっかけは
腕時計を2個持っていますが、いずれも電池交換と時刻を合わせが必要で手間が掛り面倒ですので、便利な電波ソーラー腕時計を買おうと通販で探しました。
量販店のHPにカシオのLINEAGEシリーズに文字盤の時刻が読みやすいアラビア数字の腕時計LCW-M100D-7AJFを見つけました。
しかも、デジタル表示ができる液晶の背景色が明るい黄緑色ですのでこれに決めました。
量販店の通販から送付されてきた腕時計を見て、驚きました。
液晶の背景色が明るい黄緑色ではなく、液晶が本来持っている只のモノクロ調でした。
量販店にまんまと騙されました。
送られてきた時計の実物の写真は、写真1です。
                                                                                      写真1

Pict0655trh41_3

Pict0655tt

カシオや購入した量販店以外量販店についても、HPに掲載している写真を調べて見ました。写真2がそれです。
                                              写真2カシオ&量販店がHPで掲載している写真
                                                        左から、カシオ、アマゾン、ヨドバシ、楽天
Hp3_3
Lcwm100d7ajf_hptttrh21_6
これは、いずれの販売店も羊頭狗肉商法です。
これは由々しきことです。
カシオ製時計の販売の実態を調べてみようと思ったのがきっかけです。

2.今使っている電波置き時計(DQD-420J-8JF)
カシオの電波置き時計(DQD-420-8JF)を使っていますが、この時計の液晶パネルの色はモノクロ調です(写真3)。
カシオや量販店がどんな写真をHPに掲載して通販しているのだろうと、カシオや量販店の掲載写真を探したところ、明るい黄緑色でした(写真4)。
アマゾン、楽天は、カシオと少し色が違いますが同じものだと思います。
また、ヨドバシのは立てて撮影されていますが、どれも日時、温度、湿度は同じ数字なので、恐らくカシオで撮られ、カシオが量販店に写真を提供し、量販店がこれをHPに掲載しているのでしょう。
                     写真3我が家の電波置き時計の写真

           Mine_4_img_0020t_pct_2

                                                写真4:カシオ&量販店がHPで掲載している写真
                      左から、カシオ、アマゾン、ヨドバシ、楽天

Hp1

3.カシオや量販店の時計の掲載写真にある液晶ジュールや液晶パネルの背景色
電波置き時計以外の時計も掲載写真の液晶パネルや液晶モジュールの背景色が明るい黄緑色になってはいないか調べたところ、沢山ありました。
写真5をご覧下さい。
置き時計と掛時計の写真にある液晶パネルの背景色は全て明るい黄緑色の1種類ですが、腕時計では明るい黄緑色とモノクロ調の2種類がありました。
                     写真5:カシオのHPに掲載されている写真
                                                                    5-A.背景部:明るい黄緑色の時計
Hpt_2

             注:量販店の写真もここに掲載すべきですが、非常に多くなりますので
               代表としてカシオのみにしています。

                    5-B.背景部:モノクロ調(液晶が本来持っている色)

T

4.腕時計データバンクDB-360-1AJFの実物で、背景色を確認
5-Bの写真でモノクロ調の時計は実物もモノクロ調になっているでしょうから調べませんが、5-Aの写真で液晶の背景色が明るい黄緑色の時計は、実物で明るい黄緑色なのか、モノクロ調なのか調べて見る必要があります。
全ての時計を確認することもできませんので、写真5-Aにある腕時計データバンクDB-360-1AJFがカシオと量販店の写真で液晶パネルの背景部の色が黄緑色であることを確認しました。
写真6をご覧下さい。
量販店から通販で購入して、実物がモノクロ調色なのか明るい黄緑色なのか調べて見ました。
写真7をご覧下さい。実物は、モノクロ調です。
写真5-Aにある腕時計データバンク以外の時計も、推定ですが、恐らく実物はモノクロ調だと思います。量販店に出向いて見れば直ぐ分ることでしょうか。
                   写真6:カシオや量販店がHPで掲載している写真
                         左からカシオ、アマゾン、ヨドバシ、楽天

Hp2

               注:これらの写真は、同じ。カシオが提供した写真だと思われます。

                            写真7:実物の写真

Img_0479t_3
6.結論
以上から分るように、カシオや量販店がHPで掲載している時計の写真にある液晶の背景色は実物と全く異なる色であり、優美で魅力的な色にしています。
消費者はこれに惹かれて購入し、品物が届き開けてみて初めて騙されたことに気づく仕組みになっています。
これは、詐欺?、 羊頭狗肉販売です。
製造会社や量販店が通販で掲載写真を実物(モノクロ調色)とは全く異なる明るい黄緑色にして優美で魅力的な写真をHPに掲載して通信販売することは、景品表示法第四条(不当な表示の禁止)や特定商取引法律第12条(誇大広告等の禁止)に抵触していると思います。
日本は法治国家です。このまま放置しておくわけには参りません。
消費者庁は、実態を調査し然るべき措置をお願いします。
カシオ計算機(株)は、速やかに不当表示を中止し、記者会見で真摯に謝罪すべきです。
皆さんが通販で購入された時計は、掲載写真通りに明るい黄緑色でしたか。
それともカシオにまんまと騙されましたか。告訴しますか。

追記
通販では、掲載写真が商品のデザインを知る唯一の情報源です。
ですから掲載写真は商品に可能な限り忠実な写真でなければいけません。そうでなければ写真を掲載する意味が全くありません。意図的に忠実でない写真を掲載するのは言語道断です。
写真5-Bをご覧下さい。
この写真の液晶背景部は液晶が本来持っている色で忠実に撮影されており、カシオは忠実に商品を撮影する技術はあると云えます。
(注:リングストロボ、正確なホワイトバランス、マクロレンズ、カメラ、スタンドがあれば誰でも忠実に撮影することはできます。)
写真5-Aをご覧下さい。
液晶の背景部が明るい黄緑色になっています。
忠実に撮影されているのであれば、実物は明るい黄緑色であり、実物がモノクロ調の色であれば、写真はモノクロ調です。
しかし、3件とも実物はモノクロ調の色でした。
拙劣な撮影技術で明るい黄緑色になっている訳ではなく、カシオは3件ともモノクロ調の色を意図的に明るい黄緑色に変えていることになります。
3件でカシオが意図的に色を変えていることが証明されているのですから、全てが意図的であると証明をするまでもありません。

追記2
カシオのHPに掲載されている写真の下に「掲載商品の色調は、一部実物と異なる場合があります。」と表記されています。これを読むと
1.「掲載商品の色調は、*****す。」では、消費者は安心して商品を選択できません。
極端なこと言えばカシオの商品は買いません。
2.一方、カシオは「掲載商品の色調は、*****す。」と表記しているので、実物と異なる色調の商品を販売してよいと思っている。
3.この表記は、色調のクレームの時、「掲載商品の色調は、*****す。」をHPに表記しています。それを承知して購入したのですから、弊社には責任はありませんと突っぱね、購入者に責任を転嫁させるツールに思えてなりません。
しかし、消費者はカシオではなく販売店で購入しますが、その販売店にはこれが表記されていないし、カシオのHPを見ていないこともあるので、カシオはこのツールを使えないこともあるのでカシオのHPに表記しても無駄になるとは思いますが。
4.これが、どの商品にも一律に表記されていることから、実物と写真を照合して写真に問題があるかどうかを確認していないことが分ります。写真管理の杜撰さを物語っています。この部門は、失格。無責任極まりない部門です。
が、脳裏に走るのです。
ここで、原点に帰って、通販での写真掲載の目的を洗い直して見ましょう。
写真をHPに掲載しインターネットで見られるように公開している目的は、商品のデザインを消費者に忠実に伝え、通販で消費者が実物を見ることなく商品を悔いのない正しい選択ができるようにすることです.
それにも拘わらず、商品の何処がどの程度色調が違うのか全く分らない写真をHPに掲載しても、消費者が商品を正しく選択できないので、写真掲載をする意味が全くありません。
写真を実物と完全に同じ色調にすることはできない難しい商品もあるでしょうから、多少の違いは許されると思いますが、著しく実物と異なり優美な写真の掲載は消費者保護のため景品表示法等で禁止されているので、「掲載商品の色調は、*****。」を表記しても色調の違いのレベルによっては、免責にはならないことをよく承知して下さい。
従って、カシオは次のことを行なうべきです。
1.掲載写真に多少実物と異なる箇所がある場合は「掲載写真の色調は、多少実物と異なる箇所があります。」を表記する。
2.実物と異なる箇所ほぼ無い場合は、何も表記しない。
3.1項、2項に外れる写真は、撮影をし直す。
4.そして実物に忠実な写真が撮れる撮影技術を研究開発し、1項を表記しなくてもよいようにする。

参考
【景品表示法第四条】
(不当な表示の禁止)
第四条   
事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号のいずれかに該当する表示をしてはならない。
一  商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

【特定商取引法律 第12条】
(誇大広告等の禁止)
第十二条   
販売業者又は役務提供事業者は、通信販売をする場合の商品若しくは指定権利の販売条件又は役務の提供条件について広告をするときは、当該商品の性能又は当該権利若しくは当該役務の内容、当該商品若しくは当該権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(第十五条の二第一項ただし書に規定する特約がある場合には、その内容を含む。)その他の主務省令で定める事項について、著しく事実に相違する表示をし、又は実際のものよりも著しく優良であり、若しくは有利であると人を誤認させるような表示をしてはならない。
をしてはならない。

2016年5月30日 (月)

ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」は似ている

ショパンの「幻想曲」を聴くと、いつも冒頭で中田喜直の「雪の降るまちを」の歌詞が脳裏に出てきます。
そっくりだなと感ずるのです。皆さんは、感じませんか?
偶然なのでしょうか、
それとも中田喜直には失礼とは思いますが、パックったのでしょうか。
どちらなのでしょう?

2016年5月15日 (日)

桝添都知事の釈明は非論理的、守銭奴に見えてきた

桝添都知事の記者会見をテレビで試聴しました。確認のためインターネットで説明文を読みました。
桝添都知事は宿泊費を自払いしたくないので「会議をした。」を利用し、追求されれば「会議した人に迷惑を掛けたくないので誰であるかは云えない。」を盾にして逃げようとしていることがよく分りました。
政治家はよくこの手を使いますが、何事も証明出来なければ、その主張は正しいと認めることはできません。
 (1+1= 2、 1-1=0の論理。 主張の点数=1、証拠の点数=1 
    証拠があれば総合点は2で、主張は認められる。
 証拠がなれば総合点は0で、主張は認められない。 )
桝添都知事も会議をした証明が出来なければ、自ら責任をとって「会議はしていませんでした。」と云うしかありません。
桝添都知事の手法が通用するのは、せいぜい親子ぐらい。それも一度だけです。
桝添都知事は公私の区別がつかない守銭奴に見えてきました。
万引きをして盗品を返品しても罪は罪です。その罪は消えないのと同じで、返金し訂正すれば、違反が消えると思っているようですが、返金しても違反は永久に市民の心に残ります。
任期で参議院議員をお辞めになりましたが、都知事になられたのは汚点をつくっただけです。 潔く政治家を止めるべきでしょう。

«「映像」を「VTR」と云うTV放送関係者、教養の無さが分る

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ