« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月23日 (火)

パソコンのモニターが末広がりの台形に見えるメガネ

目に最適なメガネが作れるかどうかは、メガネ技士の腕次第です。最適なメガネが作られるまでの奮戦記です。
                                                            *****第2報*****
                            [ 経験豊かなベテラン技士に作り直して貰ったメガネの出来具合]
1.パソコン用近近両用メガネ
   モニターの形状も裸眼で見た通りの矩形で見えるようになり、異様な台形ではくなりました。
     見える範囲は約30cm~100cm位で、手元の書類(30cm)もモニター(60~70cm)もバッチリと
  見えるようになりました。
2.単焦点レンズメガネ
     ①テレビ専用メガネ
        右目のレンズの度を、効き目の左レンズの度にして貰いました。テレビの左上の角の凹みに見え
   ていたのが、正常に見えるようになりました。
   見える範囲は、キーボード~モニター(距離70cm、22インチ、Word拡大120%)~テレビ(2m)
   ~遠方で、モニターとキーボードの文字も見ることができようになりました。手元の書類はぼけて
      読めません。只、右目の度をかなり下がったので、シャープさが少しなくなりました。
   この対策には、次の二通りが考えられますが、a)を行ってみたいと思います。これを行うと恐らくモ
   ニターやキーボードは見難くなると思います。
     a)右目のレンズの度を、少し上げる。
     b)左目のレンズの度を少し上げて、右目のレンズをこれと同じ度にする。
   ②モニター専用メガネ
        左目のレンズの度を下げ右目のレンズの度を左の度と同じにし、非球形レンズで作り直されました。
        モニター上下左右の形状は正常ですが、Excelの罫線を樽状に見え歪んでいます。
   これは、 失敗でした。
        70cmの物を見るのに70cmが見えるよう作るとレンズの歪みが出てくるので、少し遠方が見える
   ようにレンズを作り、目の調整機能で見た方が、レンズの歪みが出難いと思っています。
       それで、テレビ専用メガネ(2m用)を1m用で作れば解決すると思います。
       パソコン用近近両用メガネが見えるようになったので、モニター専用メガネは不要なのですが。

                                                                                   [感想]
優秀なメガネ技士に会えるかは、神頼み。自分の目と用途に合ったメガネを作るのは、大変なことですね。                                                                                  平成25年5月5日作成

                     
                                      *****第1報*****
                          
                                                                                     [遠近両用メガネ]
40年ほど遠近両用メガネを愛用し、その間何度も度を上げてきましたが、ここ2ヶ月でメガネをかけてもテレビを近くで観なければならないほど、急に中近の視力が低下しました。
遠視が極度に進行しており、眼鏡屋さんで愛用の「遠近両用メガネ」の度を上げて貰いましたが、
①遠くは、よく見えます。 
②37インチテレビの下部10cm位が多少末広がっている感じで、まあ視聴に殆ど支障ありん。
③パソコンのモニターが、1_3
  きなくなりました。

                             [近近両用メガネ]
眼鏡屋さんの薦めもあって、「近近両用メガネ」で、モニターが正常に見えることを期待して作りました。
残念ながら近近両用メガネも、「遠近両用メガネ」と同様にモニターが台形に見えました。
何故、モニターが台形に見えるのでしょうか。2_3 
   
                              
近近両用メガネのレンズは、レンズの上から下へと焦点距離が連続的に長から短へと変るように作られています。机に垂直に置かれているモニターの上部は長い焦点距離で小さく、下部は短い焦点距離で大きく見え、その結果モニター全体は末広がりの台形で見えることになります。
台形で見えないようにするには、レンズの上部から下部への焦点距離の変化の仕方をAからBにすることです。3_44_2下図のモデルは、以上の見解に基づくものです。

                         **パソコン用近近両用メガネ**
5_7   
                                                                 
  
          
                              (注:方式Ⅲは、無断で製品化することはできません。)

                             [単焦点レンズメガネ]
方式Ⅲはないので、やむなくテレビ用メガネとパソコン用メガネを、それぞれ単焦点レンズで作ることにしました。
(後日、方式ⅠでVの領域で緩やかものがあり、緩やかな上部を目玉の位置まで下げると、かなり台形のレベルが下げられると聞きました。)
1.テレビ専用メガネ
  レンズの度(焦点距離)は、日頃よく見る距離の2mに合せましました。
  ①テレビは鮮明にはっきりと見え、1m~3mでも同様に見えます。ただ、左上角側が奧に凹んで見えま
    す。裸眼どおりの正常な形状で見えないのが残念です。
  ②外の遠くも、左上角側が奧の凹の影響はきにならず見えています。外を歩いてみましたが、支障は
   ありませんでした。
  ③70cm離れたモニターの字も目が疲れていない場合は何とか見えますが、直ぐに疲れてきますし、
    左側が末広がりの台形で見えます。これで、モニターをみないことにします。
       左上角側が奧の凹や台形に見えるのは、恐らく右目のレンズの度(焦点距離)が左目よりかなり
   強くなっているのだと思います。右目を左目の度にすれば、テレビが正常な形状で鮮明にはっ
   きりと見えるようになると思います。

2.モニター専用メガネ
  モニター専用の単焦点レンズの度(焦点距離)は、モニターが22インチなので距離70cmが見える
  ようにしました。
  これは、散々たるものでした。6_7                                
                               
                                        
  モニターは裸眼と同様に全く見えず、異様な形状で見えます。
  この原因は、
  ①右目の視力は、左目の視力より極めて悪いので、右目でも左目と同様に見えるように度(焦点距離)
     を上げたこと。
  ②左目も、度(焦点距離)を強めすぎたこと
  によるものです。
  裸眼と同様な形状でみるには
  ①右目の度(焦点距離)は左目に合せる。
  ②左目の度(焦点距離)を少し弱める。
  ③非球面レンズにする。
  の三点です
  手前のノート6mm横罫の文字も見えるかと試みましたが、姿勢を正して40cm離せば何とか読み書
  きできますが、目が非常に疲れます。これは止めた方がいいです。

                                                                                [まとめ]
1.脳の補完能力
   左右どちらかの目の視力が劣っていても、両目でみると左右の目がお互いに補完して片目で見るよ
  りかより良く見る能力が脳には備わっています。
  この能力を使わなかったことが、異形に見える原因の一つです。
2.左右のレンズの度の決め方
     ①メガネ技士は、左右のどちらの目で見ても鮮明にはっきりと見えるように度を設定しました。
     ②どちらかの目がかなり劣っていた場合、①の方法だと両目で見ると、かなり劣っている目のレンズ
         の度が強いのでレンズの歪みが出てきて、矩形が異形に見えることになります。
     ③左右の視に大きな差がある場合、かなり劣っている目(私の場合は右目)のレンズの度は、かな
    り劣っていない目(私の場合は左目)のレンズの度に合わせることが肝要です。今回、残念ながら
        これが行われていなかったのです。合せていれば、1項の脳の補完能力で鮮明にはっきりと見え、
       裸眼でみた通りに近い形状で見ることが出来ます。
4.メガネ作りのノウハウの継承と企業の勝ち残り
     メガネ作りのノウハウを身につけることは、メガネ技士の基本だと思うのですが、私のメガネを作って
  くれた技士には、これがなかったのでしょう。メガネを作った眼鏡屋は大手ですが、メガネ作りのノウ
  ハウは研修等で継承され、メガネ技士の技術レベルを上げるべきではありませんか。
  優秀なメガネ技士を育てた眼鏡屋さんが、この業界で競争に勝ち生き残れるのだと思います。
5.メガネの作り直し
  眼鏡屋さんの経験豊かな技術レベルの高いメガネ技士に無償で作り直しをして貰うことになりました。
  結果が出次第、第2報でご披露させて頂きます。
    

2013年4月14日 (日)

日本の3,000メートル峰と世界の8,000メートル峰

日本に3,000メートル峰、世界に8,000メート峰があります。
1.日本の3,000メートル峰
a.3,000メートル峰とは、標高3,000m以上の山の総称
b.3,000メートル峰は、独立峰の富士山と御嶽山2座、北アルプス(飛騨山脈)に11座、南アルプス(赤石山脈)に8座 計21座あります。 1_2   
[参考]
劔岳の標高は2,999m(2,998.6m)ですが、1,930年では3,003mと測定されたこともありました。1,907年2,998.02m。その後2,004年では2,998.6m、2,009年では2998.42mです。2,004年の2,998.6mが国土地理院の公式標高です。
3,003mなら22位で3,000メートル峰になったのですが,残念。

2.世界の8,000メート峰
a. 8,000メートル峰とは、標高8,000m以上の山の総称。
この山々は、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ランタム山群で、全てがアジアにあり、14座あります。
b. 8,000メートル峰の14座を全て制覇した登山家は、29名。
№1  イタリアのラインホルト・スメナー    1,970~1,986年
№2  ポーランドのイイジ・ククチカ      1,979~1,987年
№3  スイスのエアハルト・ロレタン      1,982~1,995年
№29 日本の竹内洋岳             1,995~2,012年      
2012年5月26日ダウラギリを登頂、18年かけて14座全てを制覇。これでやっと日本も世界にお仲間入りしました。
2_3

[参考]
エベレストの標高は、8,848mが一般的標高ですが、諸説あります。
●1,954年 インド 8,848m(氷雪含む。12箇所からの測定値の平均値)
●1,975年 中国 8,849m(8848m+氷雪0.92m)
●1,999年 米国 GPSを頂上に設置 8,850m(岩石部分のみの標高で、氷雪を入れると更に1m高く
 なる。)
●2,005年 中国 8843.3m+氷雪3.5mで、標高は8,849mと発表。
然し、ネパール政府は、「エベレストの公式標高は8,848m」としています。
ネパール政府が、「エベレストの標高は8,848mである。」と頑なに固持しても、地殻変動で標高は、毎年4mm高くなっていますし(100年で40cm高くなる。)、気候変動や気候でも氷雪の高さが変動するので、標高は随時変ります。少なくとも、氷雪を含めない標高にすべきと思いますが。これを適用すると、欧州の山岳の標高も変更することもになりのだそうです。
まず国際会議でも開いて、標高の定義と標高の測定方法を決めることが必要です。
                                                参考資料:Wikipedia

2013年4月 9日 (火)

万年筆の字幅記号の字幅表示は、筆跡に加えサイズを

万年筆を購入するときは、字幅、書き味、デザイン、価額、メーカーなどを見較べて好みの万筆をどれにするかを決めています。この中でも最初に決めるのは、字幅でしょうね。
汎用万年筆の筆記字幅の種類は、EF(極細字)、F(細字)、FM(中細字)、M(中字)、B(太字)、BB(極太字)の記号(字幅記号)などがあります。

                              [字幅表示の実態\]
好みの字幅が選べられるようになっているのか、日本3社、外国5社計8社を選び、製造会社や販売店のホームページ等での字幅表示方法を調べてみると、
①字幅記号の字幅のサイズが表記されておらず、字幅記号の筆跡または線幅対比表示になっている。
②字幅記号の字幅で書く筆記条件も、明確には表示されてはいない。
 (例えば、「字幅は筆圧や筆記速度で変わります。」と説明しながら、どのくらいの筆圧、どのくらいの
  速さで書くのか説明が全くないのです。)
で、非常に選び難い状態にあります。
更に、表示方法を分類してみると、
1.字幅記号毎の文字(漢字、アルファベット)の筆跡サンプルとペン先の太さのイラストまたは画像 
2.字幅記号毎の線幅のサンプルとペン先の太さのイラストまたは画像
3.文字(漢字)の筆跡サンプルと字幅のサイズの併記
です。
1項と2項は定性的なもので、EF~BBの字幅・線幅の大小はよく分かりますが、字幅のサイズが分る基準となる線幅が併記されていませんので、何mm位の字幅で書けるのか全く分りません。これらは、字幅のサイズを知るには、役には立ちません。
ペンで書かれる文字の字幅は、万年筆の命でしょう、定性的・文学的な説明が重視され、定量的な表記が軽んじられています。本来は併記すべきものです
字幅のサイズを数値で表記しない理由を、ある販売店に問うと、「筆圧、筆記速度、筆記角度など書き方によって字幅が変りますので表記していません、ご留意下さい。」がかえってきました。この説明は、不親切極まりないものです。も少し科学的に説明して貰いたいものです。余りにも酷すぎます。
購入者に、販売者にも役にも立たないものを、なぜ販売に使用するのか理解できません。
定量的に表現されていないカタログなどただの紙切れ。筆跡等のサンプル表示でカタログを飾ればいいと云うものではありません。
8社の内、字幅の数値(3項)を表記した会社が、日本の会社一社ありました。もう一社は1品種についてのみ表記していました。これが現状です。

                           [字幅表示の私案例]
筆跡と字幅のサイズが分るようにした私案が、下図のEF~Bの字幅表です。
これなら、購入者も字幅の選択で困ることはないと思いますし、万年筆の売上増やペン先の交換の減少にも寄与するのではないかと思いますが。如何でしょう。
1.「サンプル字」による表示
   例1 基本
    字幅記号毎にその字幅による線の四角の中に字画の多い漢字を書き、字幅の数値を記載する。1

         注:筆跡の字の太さは、筆圧、筆記速度や筆記角度などで変ります。
      例2 応用:ノート、システム手帳などの例(便箋は、省略)Photo_4

2.筆記推奨条件 ①筆圧、2筆記角度、③筆記速度、④紙質など

                           [外国産品の字幅]
国産品を使っていて,初めて外国産品を購入する人は、字幅記号が同じなら、国産品の字幅とほぼ同じであると思われるでしょうが、同じではないようです。
国産品に比し、字幅は太めです。(私も、経験しています。FがMのレベル?)
多くの外国産販売業者は、何故この字幅の差を明確に表記しないのでしょうか。幾つか理由を想像してみました。
a.個体差(バラツキ)がありすぎて、表記したくても表記できない。
b.ブランドで売れているから、そんなことを態々表記する必要がない。。
c.外国産品と国産品とには、字幅の差があることは常識だと思って、表記しない。
d.表記しないのが、販売方針。
e.字幅でのトラブル時、責任回避がし易い。
f.外国の製造会社に要求できない。
どれなのでしょうか。
表記しないのは何故かと国内のある万年筆専門店に問い合せたところ、「個体差と書き方で変るので、国産品との字幅記号の違いや字幅の数値などは云えませんし、表記もできません。」と云われ、「極細は、システム手帳など書くときにお使い下さい。」など、非常に定性的な説明でした。これが事実なのか、外国の製造会社に聞いてみたいものです。いずれにせよ、これでは購入者は困ります。
外国産の字幅記号が、国産の字幅記号のどれに相当するかぐらいは、少なくとも表記すべきでしょう。日本国内での外国産品購入者は、殆が漢字を書く日本人ですけどね。
これが実現されるには相当掛かりそうに思えるので、書き味も含めて当座はどこかで試し書きをしてから購入することにしましょう。

                                                           [日本筆記具工業会へのお願い]
                      **万年筆の命の一つでである字幅の工業標準化**
日本筆記具工業会(委員:61社と1団体)がありますが、この工業会のホームページで万年筆の字幅に関して調べてみましたが、「同じ字幅(FやMなど)でもメーカーにより、字幅が異なります。お試し書きをしてください。」のレベルで、製品の\標準・基準・規格のようなものありせんでした。
.「.工業標準化」に関する活動も日本筆記具の事業計画の中にありますから、字幅サイズのステップ、字幅記号、筆記条件など定め、字幅の標準化、JIS化をお願いしたいと思います。
万年筆に関する委員は3社ですから、直ぐにでも意見がまとまり、標準化できるのではないかと思います。例えば、下表のような基準をお願いしたいと思います。
そして、カタログにそれを明記して頂き。標準化をベースにデザイン、書き味など三社が競うことを願うものです。標準化は消費者および販売者ににとっては、非常に有益なことです。
.期待しています。
4_2
1.字幅のステップ
  公称値0.1mmステップにする。EFとBの字幅は増減させる必要があるかも知れない。
2.規格値
  筆圧~インクの筆記条件下で±5%に抑える。
3.筆圧
  強め、普通、弱めの3段階を定める。
 
 
  強め=140gr+a  
  普通=140gr
  弱め=140grーb 
  (具体的数値を表記したいが、製造会社や販売店等が使っている「強め、普通に、弱くとか軽く」が定
  性的・文学的表現なので、どの程度の強さなのか読み取れず、具体的数値は表記していない。)
 
 
 
 
 
4.筆記速度
  早く、普通、ゆっくりの3段階を定める。
1_4
  「早く、普通、ゆっくり」は、上図の直線、円で長さ5cmを書く時間で定める。
  
  早く=**m秒
  普通に=**m秒
  ゆっくりと=**m秒 
  (具体的数値を表記したいが、製造会社や販売店等が使っている「早く、普通に、ゆっくりと」が
  定性的・文学的表現なので、どの程度の速さなのかを読み取れず、具体的数値は表記していない。)
  
5.筆記角度
  50±15度 字幅を無視して書ける筆記角度は50±30度 
  50度がよいか45度がよいか、何度がよいかは検討要
     (参考:摩耗試験では60±5度)
6.紙質
  万年筆専用紙にするか、普通紙、それとも便箋など、どれか適切な用紙を定める。
  (参考:摩耗試験では、坪量40~157g/㎡、白色度75%以上となっている。)
7.インク
  万年筆製造会社の推奨インク 
  

参考
日本筆記具工業会ホームページなる事業計画等
JIS S6025:2002 万年筆とそのペン先
各社のホームページと規格表
販売店のホームページにある規格表

2013年4月 3日 (水)

金星の太陽面通過

2012年5月21日の「金環日食」、引き続いて2012年6月6日に「金星の太陽面通過」の天体ショーが見られました。今回の「金星の太陽通過」は、金星が7時28分29秒に太陽を外蝕し始め、13時47分26秒に外蝕を終え、約6時間半かけて太陽の前を通過しました。
この現象は、2117年12月11日まで105年間おこりません。その次は2125年12月8日、その次は2247年6月11日です。
この頻度は、「月による金環・皆既日食」より遙かに少ない頻度です。非常に珍しい天体ショーと言えます。

201266_t_2
                           出典=©国立天文台


                         [金星の太陽面通過のモデル]

1
金星は、点のようにしか太陽光を遮断しないので、この現象は、「日食」ではなく、「金星の太陽面通過」と云われることになったのではないかと思っています。
「地球から金星までの距離と金星の直径との比」が、「地球から太陽までの距離と太陽の直径との比」と同じなら、金星による金環日食や皆既日食がおきる可能性もありますが、残念ながら「地球から金星までの距離と金星の直径との比」は、「地球から太陽までの距離と太陽の直径との比」より遙かに小さいので、この現象はおこりません。
水星も太陽と地球の間で公転しているので、「水星の太陽面通過」もおこりえます。
惑星に限らず、スペースシャトルなどの人工物でもおこります。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ