« 日本三大建造物 | トップページ | 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に »

2013年6月18日 (火)

統一球について思うこと

「加藤良三コミショナーは、統一球の反発力をアップし、ボールが良く飛ぶように改変していたことを2日前まで知らなかった。」と、ニュースで報道されていました。また、コミショナーは、この問題は、不祥事ではないとも云っていました。
1.コミショナーの対応
2日前まで知らなかったと云っていますが、これ本当なのでしょうか。知らなかったのであれば、コミショナーの「管理不行き届き」と云わざるをえません。何のために、コミショナーの地位にいるのでしょうか。コミショナーの職責を果たしているとは思えません。事務局の行ったことは全て、コミショナーの責任ですよ。逃げるわけにはいけません。どの会社でも、部下の業務上での失態は、上司の責任です。
「不祥事とは、一定以上の社会的な立場を持つ者または組織・団体が起こした、社会の信頼を損なわせるような出来事・醜聞」注1です。この統一球問題は不祥事でなくて、何なのでしょうか。不祥事そのものです。
2.統一球の仕様変更手順
突如、「統一球の仕様が変更されています。」と発表されましたが、企業では、このようなことはおきません。
日本野球機構は、統一球の仕様を変更する前に
①仕様変更の目的
②反発力のレベル(標準打法で飛躍距離を**%延ばす。)
③変更時期など
の案を作り、球団など関係者との協議を行い、協議・調整・同意後、仕様変更を行うべきでした。日本野球機構は、この手順をとらず、独断で一方的に推し進め、突如発表するのは異常と云わざるをえません。球団・選手がいるから、日本野球機構が存在できるのです。
3.管理規定
日本野球機構には、「業務に関する規定」や「統一球に関する管理規定」などが無く、そのため組織として機能せず、日本野球機構の職員が自分勝手に行動しているではありませんか。
                                             注1:Wikipedia引用
4.仕様変更と品名
一般に製品の仕様を変更すると、品名を変えます。目でみて新旧を区別するようにします。しかしながら、統一球では、仕様を変えたにも拘わらず、品名は変えられずそのままです。意図的に仕様の変更を、統一球を使用する球団や選手など関係者に隠蔽しているとしか思えません。隠蔽する意図は、どこにあるのでしょうか。
5.ボールのサイン
製品には機能・品質等の責任の所在を明確にするため製造会社名が表示されていますが、社長名までは表示されていません。何故か、この統一球にはNippon Professional Baseball加藤良三が表記されています。なぜ、コミショナー名まで表記する必要があるのでしょうかしょうか。コミショナー名まで表記するには、コミショナーはそれなりの責任をとると理解してよいのでしょうか。

« 日本三大建造物 | トップページ | 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/57616618

この記事へのトラックバック一覧です: 統一球について思うこと:

« 日本三大建造物 | トップページ | 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ