« 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に | トップページ | 日本三大祭 »

2013年7月 4日 (木)

テレビ番組の放送時刻は、ジャスト時刻に

民放で多く行われていることですが、番組を例えば午後8時でなく、午後7時54分とか7時58分など早めに放送することです。
何故、このような少し早めた時刻に放送するのでしょう。放送時間を長くしないと芸術性が失われると云う理由なら理解できますが、番組が終了する時刻をみてみると、早めた時間分だけ早く終わっていますので、早めている理由はそうではいないと思います。
視聴率を上げたいために行っているのではないかと思っています。こんな姑息な方法で視聴率を上げようとするのではなく、番組の中身で視聴率を上げるべきです。
この時刻早め方法は、視聴者にとっては甚だ迷惑なことだけなのです。
例えば、A局のC番組7時~8時、B局のD番組7時54分~8時54分の場合、C番組とD番組が同時に予約視聴はできません。番組の内容にもよりますが、C番組を予約し、D番組は予約しないことが多いです。どうしてもD番組を観たい場合は、途中から観ることになります。
時刻早め方法は、逆に視聴率を下げているのではありませんか。
放送時刻を早めるB局に他局が合せれば、B局が期待している効果が失せます。そして他局がB局より早める可能性もあります。もうこうなれば、収拾がつかなくなります。
民放各社は話し合い、番組放送時刻はジャスト時刻にして下さい。民放各社が話合いがつかず自粛できないのであれば、総務省が法で規制することを願うものです。

2015年1月現在
午後7時台は、各社足並みを揃えて7時ジャストになりました。結構なことですが、午後8時台は1社が7時57分それ以外は7時58分で合せています。何故、8時に合せなかったのでしょう。不思議な気が致します。今後に期待しましょう。

« 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に | トップページ | 日本三大祭 »

文化(放送)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/57709845

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組の放送時刻は、ジャスト時刻に:

« 日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に | トップページ | 日本三大祭 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ