« 省エネラベリング制度と蛍光灯照明器具の規格 | トップページ | 復興特別税法は、国民背信法 »

2013年8月 6日 (火)

アルミサッシの簡易断熱化対策

『[アルミサッシの断熱で省エネと結露防止を]にて、熱伝導率がガラスの236倍であるアルミサッシもガラスと同様に断熱化しないと、窓等の断熱化は約2分の1しか期待できません。』と投稿しました。
アルミサッシの断熱化が手作業できる非常に簡易な方法を考えました。

                                       簡易断熱化方法
1.断熱化対象物:モデルの窓
     アルミの厚み4cm、幅0.5cm、単板ガラスの厚み0.5cm
Photo_3   
2.アルミサッシの断熱化対策
     A)アルミサッシの室内側の表面に、熱伝導率の小さいポリエチレンフィルム(熱伝導率=0.4)を貼る。Photo_6

         ①アルミサッシのガラス換算=236×0.5×0.5÷4=14.8cm
         ②ポリエチレンのガラス換算=0.4×0.5×0.5÷0.2=0.5cm
         ③ポリエチレンの貼付け効果=ポリエチレンのガラス換算/アルミサッシのガラス換算
                                                         =0.5÷14.8≒1/30
     B)断熱材ポリエチレンの仕様
         ①厚さ=2mm(窓の開閉に支障のない厚さとした場合、1mmだと効果は半減)
         ②幅=5~10cm(貼付け後、サッシに傷をつけない方法でカットまたは予めカットして貼付け)
         ③色=無色透明(アルミサッシの色はそのまま見えるように且つ部屋の装飾性を損なわせない
     ためです。)
         ④接着材=断熱材フィルム片面接着膜
     C)以上は机上の設計で、効果は未確認です。
         断熱化され結露が防止されることは間違いないと思いますが、1/30になるか1/10になるのか、効
    果のレベルは?です。実効果は、冬にならないと分りません。冬になる前にアルミサッシに貼りた
     いものです(冬は、結露するので、貼り難い。)。
          11/9現在、残念ながら断熱材フィルムが見つかっておりません。
     D)上記のポリエチレンフィルムを販売している会社を調査中です。
          販売している会社をご存じでしたら、教えて下さい(コメント欄で)。

[アルミサッシの断熱で省エネと結露防止を]も、ご覧下さい
                                                    


« 省エネラベリング制度と蛍光灯照明器具の規格 | トップページ | 復興特別税法は、国民背信法 »

家電・省エネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/57938783

この記事へのトラックバック一覧です: アルミサッシの簡易断熱化対策:

« 省エネラベリング制度と蛍光灯照明器具の規格 | トップページ | 復興特別税法は、国民背信法 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ