« 美術作品の写真の著作権は | トップページ | 福島原発港湾堤防の封鎖について »

2013年9月23日 (月)

「汚染水はコントロール下にある。」とは?

安倍総理は、IOC総会で「海水のモニタリングでは、WHOの飲料水の水質ガイドラインの500分の1以下で、コントロール下にある。」と公言されました。
福島原発人災事故は、
①自然の脅威
②設計技術者、原発管理者等の
    a)傲慢さ・驕り
  b)無謙虚さ(「冷却電力は絶対確保すべき」の提言を無視)
    c)怠慢
       地球では、1960年チリ地震マグニチュード9.5、1964年アラスカ地震M9.2、1965年アリューシャン
    地震M8.7、2004年スマトラ沖地震M9.1で、東北地方太平洋沖地震並またはそれ以上の地震が
       50年前からおきています。日本でおきないと誰が云えます。想定外とは云わせませんよ。
    原発の地震・津波対策設計はできたはずだし、建設後の対策・措置にも充分な年数がありました。
により発生したもの。当然おこるべくして、おきたものです。
東京電力の福島原発事故措置等が、WHOの飲料水の水質ガイドラインの1/500以下に抑えているわけではありません。福島原発港湾内の海水で希釈されているだけの話です。これを「コントロール下にある。」とするかどうかは、政治家の良識と科学的知見によります。

« 美術作品の写真の著作権は | トップページ | 福島原発港湾堤防の封鎖について »

社会(原発と環境)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/58248603

この記事へのトラックバック一覧です: 「汚染水はコントロール下にある。」とは?:

« 美術作品の写真の著作権は | トップページ | 福島原発港湾堤防の封鎖について »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ