« 福島原発港湾堤防の封鎖について | トップページ | 自民党と公明党が、複数消費税率の導入で合意するには条件あり »

2013年9月30日 (月)

廃棄物にされるLEDの金属回収と環境汚染防止

LEDは、テレビやパソコンのバックライト、照明器具、電子・電気機器の表示やリモコンなど大量に使用されています。現在、廃棄物は、大なり小なり粉砕・破砕処理がされているのではありませんか。気になります。人畜に無害なのでしょうか。
現時点は、LEDの長寿命で大量に廃棄されいないためか問題視されていませんが、これらの製品はやがて寿命や更新により大量に廃棄される時期がやって来ます。
① 現状、廃棄物処理はどう行われているのか。
② LEDの使用材料(GaAs、AlGaAs、AlGaInP、InGaNなど)は、人畜に対して影響はないのか。
③ 日本は資源のない国ですが(2006年輸入量Ga:168t=世界の72%、In:422t=世界の80%、As
  など。廃棄物で大資源国になる?)、金属回収の必要性があるのか。(回収は、環境汚染防止にもなる。)
を調査する必要があると思います。
調査結果、「環境への影響あり。」や「回収が必要。」であれば、
① 環境汚染防止
② 廃棄物処理方法
③ 金属回収方法の技術開発
④ 立法
が、必要だと思います。
そして、大量廃棄時期に遅れることなく、国(環境省、経済産業省、厚生労働省など関連省庁)は調査・技術開発・立法等をお願いしたいと思います。
シリコンバレーなどでおきた塩素系有機溶剤や福島原発事故による放射性物質による地下水及び土壌汚染のようなことは、まっぴらご免です。

 

 

 

« 福島原発港湾堤防の封鎖について | トップページ | 自民党と公明党が、複数消費税率の導入で合意するには条件あり »

社会(原発と環境)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/58256288

この記事へのトラックバック一覧です: 廃棄物にされるLEDの金属回収と環境汚染防止:

« 福島原発港湾堤防の封鎖について | トップページ | 自民党と公明党が、複数消費税率の導入で合意するには条件あり »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ