« 福島原発事故による地下水汚染防止工事費 | トップページ | 「汚染水はコントロール下にある。」とは? »

2013年9月20日 (金)

美術作品の写真の著作権は

美術作品(著作物)には、平面的作品と非平面的作品があります。平面的作品には、絵画、版画、写真などがあり、非平面的作品には、彫刻、陶磁器、金工などがあります。
いずれも、著作された時点で著作権は著者没後50年まで著作権法で保護されます。 没後50年後または著者が著作権を放棄すれば、著作権は消滅します。従って、美術作品には著作権のある作品と著作権のない作品が存在することになります。
それでは著作権のない、或いは著作権のある平面的作品(絵画、版画など)と非平面的作品(彫刻など)の写真の著作権はどうなるのでしょうか。
1.平面的作品の例
 ウィキペディア財団は、パプリックドメインの平面的な作品の忠実な複製物はパブリックドメインであるとし、
 日本、米国、ドイツ、ブラジルは賛同、フランス、イギリス、オランダは不賛同です。(出典:Wikipedia、
 WIKIPEDIA COMMONS)
2.非平面的作品の例
 著作権の保護期間が満了している「三十三間堂の千手観音立像」を1915年に撮影された写真は、保護
 期間(旧著作権法が適用され10年、当分の間13年)を経過しているので、著作権の保護機関が満了し、
 パブリックドメインになっています。
以上を纏めれば、
1.平面的作品の忠実は複製物(例:写真)の著作権は、平面的作品と同格である。
 ①平面的作品がパブリックドメインなら、その忠実な複製物(例:写真)もパブリックドメインである。
 ②平面的作品に著作権があれば、その忠実な複製物(例:写真)にも平面的作品と同期間著作権がある。
    両者に著作権が存在する。
2.非平面的作品は、その作品の著作権の有無に拘わらず、その写真には著者没後50年まで著作権がある。
です。
現在、平面的作品および非平面作品の写真の著作権は、1項、2項にようになっていると思っています。
非平面作品の写真の著作権の取扱も、平面的作品と同様な扱いになることを願う者です。

« 福島原発事故による地下水汚染防止工事費 | トップページ | 「汚染水はコントロール下にある。」とは? »

社会(著作権)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/58232531

この記事へのトラックバック一覧です: 美術作品の写真の著作権は:

« 福島原発事故による地下水汚染防止工事費 | トップページ | 「汚染水はコントロール下にある。」とは? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ