« 照明器具の四つの不当表示は、企業の社会的責任欠如の証し | トップページ | メニュー表示問題は、誤表示ではなく偽装表示 »

2013年11月 1日 (金)

版画(デジタル画像)の簡易修復方法

浮世絵等は江戸時代~明治時代に制作されたものなので、変色しているのが殆どです。これらの作品の彩色は、一部の部分に植物によるものありますが殆どが岩絵具によるもなので、変色は岩絵具に使用している鉱物では無く、彩色されている和紙が主です。
和紙の変色の多くの要因は、和紙等の繊維に残存する物質「タンニン」など、紙を漉く時に使う粘状物質「トロなど」、岩絵具の定着材「膠」の変色にあるのではないかと思っていますが、定かではありません。
この変色を除去すれば、彩色が鮮明に浮かび上がり、ラピスラズリの青(ヒロシゲ・ブルー、フェルメール・ブルー)や藍色などにごり無く見ることが出来ます。
以下の修復手法で、作品の元の彩色に完全に復元が出来るわけではありませんが、かなり近いのではないか(?)と思って、歌川廣重の版画「名所江戸百景」、「六十余州名所図会」、「冨士三十六景」や川瀬巴水などの版画(約1900枚)を鑑賞して大いに楽しんでいます。
(参考:江戸時代の青や紫)
a) 鉱物(岩絵具)=ラピスラズリ(今でも高価だが、当時は極めて高価) 
  歌川廣重の風景画
b) 合成染料   =ペロ藍(ベルリン藍) 
    葛飾北齋の「神奈川沖浪裏」、伊藤若冲の「動稙彩繪」など
c) 植物      =露草 
    喜夛川哥麿が、露草と赤を配合した紫を美人画で多用しています。ボストン美術館にある浮世絵版
    画は展示されていないので、脱色されずに現存しています。最近、デジタル画像が撮られ、哥麿の
    研究に用いられているそうです。
和紙等の変色の度合いや変色の色は、和紙の種類、製造者、創られた時代によっても異なるようです。観た版画の中で最も変色していたのは、明治時代のある作者の作品でした。
油絵などのデジタル画像の修復についても、ルノアールの作品で模索していますが,、版画のように彩色されていない部分やどこかに基準となる白色部分があれば可能だと思っています。(錦絵や版画と異なり、油絵の変色の多くは、表面に塗られているニスの変色によるものが多いようです。)
また。版画の画像の形状は団扇絵で団扇形状もありますが、矩形で傾くことなく水平線に直角になっているのが一般的です。実際には、版画のデジタル画像は、下図のように複製撮影者の不注意、レンズの歪みや紙の経年変化で変形しているものがあります。
                     版画のデジタル画像の変形
1_2               
変色などの修復は作者を冒涜するものだと仰有る方もおられると思いますが、私は修復が可能と思われる作品ついては、私の感性で作品が作成された時点ではこうであっただろうと思い巡らして、修復し、鑑賞しています。
                           

                           [私の簡易修復方法の紹介]
                                                                             Ⅰa.変色の修復方法
「Microsoft Office 2010」ビュアーを「画像を開くプログラム」に[既定]または選択、或いは「Microsoft  Office Picture Manager」を使用する。
1. 画像を開き、上部タスクバーの「画像」をクリックする。
2. 「色」→左側上の「色調整」→「変色前は白色であったと思われる箇所(版画では、枠外の彩色され
   ていない箇所、雪、白雲、霞、大幣、白帆、明り障子、女性の顔、足袋、扇子、本など)をポイントし、
   その中で元の彩色がベストで再現される箇所を探して、画像全体の変色を除去する。
    a) 白色と言っても、蛤、牡蠣などの胡粉で彩色された白色は変色が少ないので、これを基準にする
        か は、難しいところである、
    b) 特に注意しなければならないのは、薄い色など
    ぼかし摺によるグラデーションをかけて白い空に溶け込んでゆく青空、夕焼け朝焼けの茜、橙
   ぼかし摺による化粧(眉毛下から頬の上にかけてのオレンジがかったピンクなどが脱色されること
   である。これらが脱色される場合は、変色より彩色を優先させる。)
3. 彩色が良好な場合は5.項へ
4. 彩色が薄れている場合は、「明るさ」、「彩度」または両方で適切な色濃度になるまで調節する。
    「調整」不可時は、変色除去は避ける。
5. 「ファイル」→「名前を付けて保存」→修復の記号(例:Rs)を付記→「保存」

                                                                                  変色の修復例
           修復前                              修復後
 例1:渓斎英泉作 江戸八景  愛宕山の秋の月
21_2

 例2:歌川廣重作 名所江戸百景
42

52

 例3:井上安治作 亀戸藤3

 例4:ルノアール1880年作 油絵 イレーヌ・カーン・ダシヴェル嬢 (ピエル・コレクション所蔵)6
 例5:歌川豊國作 祭禮の圖   
    「ぼかし摺」
    この方式で背景にある幟を白色にしたいが、眉毛から頬にかけてのピンクのぼかし色は消えて
    しまう。この方式では、修復は不可.。
  7_2                                 

                             Ⅰb..変色の修復手法
部分的な変色の修復は、「Corel Paint Shop Pro」の「クーロン・ブラッシュ」を使って修復しています。
例:葛飾北齊作 冨嶽百景 海上の不 二  10_2

                             
                            Ⅱ.変形の修復方法
変形の修復は、「Corel Paint Shop Pro」の「遠近補正」および「傾き補正」を使って行っています。
1.「遠近補正」による修復
 例:渓斎英泉作 南都八景 三笠山の雪11_22..「傾き補正」による修復
 例:小林清観作 大森湖の海12

                                    「 変色の修復方法」と「変形の修復方法」の併用による修復
 例1:川瀬巴水作 吉田乃雪晴132

例2:渓斎英泉作 江戸百景 愛宕山の秋の月
 142

上の画像をクリックすると拡大しますので、修復前と修復後を見較べて下さい。
下の画像は修復後の画像です。画像をクリックすると大きく表示されます。

歌川廣重作 名所江戸百景  四ツ木通用ふね4_185658
歌川廣重作 名所江戸百景 大はしあたけの夕立5_185658
井上安治作 亀戸藤2

ルノアール1880年作 油絵 イレーヌ・カーン・ダシヴェル嬢 (ピエル・コレクション所蔵)
61880

葛飾北齊作 冨嶽百景 海上の不 二8_3

渓斎英泉作 南都八景 三笠山の雪101875



渓斎英泉作 南都八景 三笠山の雪9_55yasuji_pd_bgonrsrhrtaert

川瀬巴水作 吉田乃雪晴121960_2

渓斎英泉作 江戸八景  愛宕山の秋の月13

« 照明器具の四つの不当表示は、企業の社会的責任欠如の証し | トップページ | メニュー表示問題は、誤表示ではなく偽装表示 »

文化(美術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/58492620

この記事へのトラックバック一覧です: 版画(デジタル画像)の簡易修復方法:

« 照明器具の四つの不当表示は、企業の社会的責任欠如の証し | トップページ | メニュー表示問題は、誤表示ではなく偽装表示 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ