« テレビ画面の左右にメインタイトル、サブタイトルの常時・間欠表示の廃止を | トップページ | 「新春フルーツ福袋」のアレルギー成分なしの表示は適切か »

2013年12月30日 (月)

安倍総理の靖国神社参拝

『靖国神社を参拝しなかったのは、「痛恨の極み」です。』と云い、安倍総理は12月26日靖国神社を参拝しました。
A級戦犯等により尊い命を犠牲にさせられた英霊のみを参拝するのは、私も賛成です。
しかし、靖国神社にはA級戦犯とA級戦犯により尊い命を犠牲にさせられた英霊が合祀されていますので、区別して参拝することなどできる訳がありません。
従って、第二次大戦で軍人や国民を死なせた戦争犯罪者A級戦犯を祀った靖国神社を参拝することはできないはずです。
ですから戦争犯罪者A級戦犯を靖国神社に祀ることをやめ、戦争犯罪者A級戦犯の御霊が祀られていない靖国神社を堂々と参拝すべきなのです。
これなら国民もアジア諸国からも賛同され、批判されることもないでしょう。
今回の靖国神社参拝で米国から批判されたのは想定外だとする報道もありますが、私は想定外ではないと思います。
米国はアジアの緊張を高めることは日本も中国も慎むべきと云っており、米国がそれを守らない安倍総理を批判したのは当然のことです。批判したのは、極めて論理的です。
「痛恨の極み」は、安倍総理の個人的な考えに基づくものであり、第二次大戦で家族や親族を亡くした国民は「痛恨の極み」であるとは思っていないと思います。
戦争犯罪者A級戦犯が祀れていなければ、家族や親族を失った国民も靖国神社を参拝しなかったのは「痛恨の極み」であると思うでしょうが。

                                                                               追記
1.日中、日韓だけの問題だけではない。日本国民もA級戦犯による甚大な被害者です。それを全く忘れ
   ています。
2.宮司が合祀されたA級戦犯はどこにいるのか分らないで呼び戻せないので廃祀できないと云う報道を
   耳にしたことがあります。
 国(旧厚生省)が、本人や遺族の意思に関係なく国のために戦死した軍人の名簿を靖国神社に協力・
 提出したために合祀されたと聞いています。
  名簿により合祀されることになったのですから、国が協力・提供した名簿からA級戦犯や合祀をされた
 くない遺族の軍人氏名を取り下げるか、霊璽簿の氏名抹消し、廃祀すべきです。
 
 どこにいるのか分らないで呼び戻せないので廃祀できないと云うのは、宮司の屁理屈であり、宗教法
 人がをかかる理由で「宗教の自由」を認めず廃止しないのは、憲法違反だと思います。
 旧厚生省が名簿を提出したのも憲法違反だと思います。
3.国は、両者の憲法違反に対し適切な措置を行うべきです。
4.靖国神社は、国のためにが強制的に祀られる神社。A級戦犯は、戦死した軍人ではなく東京裁判で
 犯罪者として亡くなったものであり、強制的であっても祀られる資格はありません。

« テレビ画面の左右にメインタイトル、サブタイトルの常時・間欠表示の廃止を | トップページ | 「新春フルーツ福袋」のアレルギー成分なしの表示は適切か »

社会(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/58840066

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の靖国神社参拝:

« テレビ画面の左右にメインタイトル、サブタイトルの常時・間欠表示の廃止を | トップページ | 「新春フルーツ福袋」のアレルギー成分なしの表示は適切か »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ