« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月24日 (金)

「新春フルーツ福袋」のアレルギー成分なしの表示は適切か

バラ科の果実(りんご、ももなど)、ミカン科の果実(蜜柑、レモン、オレンジなど)、バナナ、キュイフルーツやカシュナッツなどでアレルギーを起こす人がいます。
しかし、A通販の「新春フルーツ福袋」のミカン、リンゴ。安納(薩摩芋)の品質表示で「アレルギー成分なし」とされていました。
アレルギー成分(=アレルギー物質=アレルゲン)のないミカンやリンゴの新品種が開発されたのでしょうか。この表示は本当なのでしょうか。
それともアレルギーに全く無知な人がこの表示を行ったのでしょうか。
アレルギー成分(=アレルギー物質=アレルゲン)のあるミカン、リンゴでしたら、ことは重大。..
また、後者ならアレルギーについて専門家の指導を即仰ぐべきです。
いずれにせよ今回発売されている福袋のミカン、リンゴのアレルゲンの有無を調べて、アレルゲンがあることが分れば、直ちに購入者に対しバラ科・ミカン科の果実でアレルギーを起こす人は食さないように連絡すべきであり、同時にこの表示を訂正・謝罪すべきです。
安全を優先するならば、検査結果が出ることを待つまでもなく直ちに連絡すべきです。
アレルギー物質のある果物であった場合は、
1.景品類及び不当表示防止法第4条に該当
2.ミカン、リンゴは「食品表示制度の特定原材料に準ずるもの」になっており、「アレルギー物質を含む食品に関する指導要領」に違反することになります。
参考資料
1.「アレルギーの基礎知識」
2.消費者庁、「アレルギー物質を含む食品に関する指導要領」
                                 ↓
当方の指摘に対してA通販は、アレルギー物資の含有表示を「【アレルギー物質を含む特定原材料(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)】なし」に変更しました。
                                 ↓
リンゴやミカンは果物であって加工食品ではなく、そのまま食するか加工食品の原材料です。
ですから、特定原材料(7大アルルギー物質」が含まれていないことは明らかであり、これを表示しても全く意味がありません。
消費者庁は。「アレルギー物質を含む食品に関する指導要領(13/10/14)」にて20品目(果実は7品目=オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、バナナ、もも、リンゴ、くるみ)が「特定原材料に準ずるもの」として指定しています。
この表示では、リンゴやミカンでアレルギーを起こす人がリンゴやミカンを安心して食する危険性があります
従って、「アレルギー成分:特定原材料に準ずるものでアレルギー物質あり」、或いは「アレルギー成分:7大アルルギー物質(乳、***、***、***、***、***、***)に準ずるものでアレルギー物質あり」と表示すべきものと思います。
                                ↓
論理的に絶対に存在しえないものに対して「ない。」と表示し、絶対に存在するのに「ある。」と表示しないA通販のアレルギー対応は「まやかし」です。企業の社会的責任を果して頂けないのは、誠に残念至極です。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ