« ポピュラー系の歌手の皆様、耳障りな「息継ぎ音」だけは聴かせないでください | トップページ | 繰り返される横綱の変化技 »

2015年1月15日 (木)

もう待ってはいられない、相撲技のルール改定を

「逸ノ城また変化 理事長が苦言」と報じられていますが、理事長の苦言程度では「変化技」を止めさせることはできません。
変化技は危険ドラッグのようなもので、一度使えば止められなくなる技。
不調なときなど、勝つためには形振りかまわず逸の城のみならず、横綱も変化技を使ってしまう悪魔の技。
(横綱白鵬は2012年名古屋場所12日目に大関稀勢の里戦、横綱鶴竜は福岡場所12日目に平幕豪栄道戦で変化技を使って勝っている。)
ですから、力士の良識などには期待できません。
使わせないためには精神論ではなく、変化技が使えないようにすることです。
それには他のスポーツのようにルールの改定が必要です。
改定は、例えば変化技を使えばそれを使った力士の負けとします。
日本相撲協会の理事長は相撲技改定を速やかに理事会にかけて、変化技と共に張り差し、喉輪、猫騙し4技を禁じ手にすべきです。
力士は正々堂々と戦いますので、相撲フアンも多いに喜び、毎日大入り満員となって日本の相撲は益々繁盛するでしょう。

参考
白浜松翠雑記
日本相撲協会は、変化、張り差し、喉輪、猫騙しを禁じ手に 2013年6月

« ポピュラー系の歌手の皆様、耳障りな「息継ぎ音」だけは聴かせないでください | トップページ | 繰り返される横綱の変化技 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/60976852

この記事へのトラックバック一覧です: もう待ってはいられない、相撲技のルール改定を:

« ポピュラー系の歌手の皆様、耳障りな「息継ぎ音」だけは聴かせないでください | トップページ | 繰り返される横綱の変化技 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ