« もう待ってはいられない、相撲技のルール改定を | トップページ | 日本サッカーは個人技をもっと磨く必要がある »

2015年1月24日 (土)

繰り返される横綱の変化技

一月場所12日目に横綱日馬富士が変化技で関脇逸の城に勝った。
品格を重んずる横綱が何故に変化技を使うのか。これに対しては理事長は何の発言もない。
逸の城には苦言を云ったが、日馬富士には云わないのは可笑しい。
全く一貫していない。
理事長は一体何を考えているのだろうか。
また、力士達は横綱が変化技をするのだから俺たちも変化技を使うとするのでは無いかと思うと、相撲がつまらなく思えてくる。
力士が正々堂々と競うように「変化技」を次場所から「禁じ手」にすべきです。
そうでないと、今場所は連続の大入り満員ですが、来場所は大入り満員を期待出来るわけがないと思う。

« もう待ってはいられない、相撲技のルール改定を | トップページ | 日本サッカーは個人技をもっと磨く必要がある »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/61023680

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返される横綱の変化技:

« もう待ってはいられない、相撲技のルール改定を | トップページ | 日本サッカーは個人技をもっと磨く必要がある »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ