« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

テレビ朝日の用語VTRの使い方

2015/3/26夜テレビ朝日「The博学」の番組で、女性のMCが「正解VTRを見てみましょう。」と云っています。前回でもそうでした。
前回テレビ朝日に用語「VTR]は正しく使って下さいと申し入れたのですが、直っていません。
また、使っています。何故、周知徹底されないのでしょう。
VTRはVideotape Recorderの訳語で録画機器です。映像ではありません。
MCは、「正解映像を見てみましょう。」と云うべきです。
このMC、一般常識がないのでありませんか。テレビ朝日の体質なのでしょうか。
テレビ朝日さん、MCやアナウンサーで「一般常識」のクイズ番組をやってみては如何でしょう。
そうすれば。スタッフもMC,アナウンサーも気合いを入れるのではありませんか。

2015年3月23日 (月)

34回目の優勝は汚れた優勝

白鵬よ、14日目に変化で勝ったことによる大阪場所の優勝は、汚れた優勝だ。恥を知れ。
堂々と戦わなかったが、天敵稀勢の里がそんなに怖いのか。
横綱として堂々と戦えないのであれば、横綱である資格はないと思う。
大阪場所で得たものと、失ったものがあるが、失ったものの方が遙かに大きい。
それはスポーツマンの誇りだ。
白鵬は、これが分からないのか。

2015年3月22日 (日)

横綱白鵬の度重なる変化

白鵬、稀勢の里戦でまた変化して勝った。横綱の品位を汚すものだ。
報道によれば、理事長は同情的な発言をしているが、何故、理事長は苦言を云わない。
理事長は横綱に遠慮しているのか。
[変化」は、危険ドラックのように一度使うと止められなくなる技だ。
以前から提唱しているが、日本相撲協会は「張り差し」、「猫騙し」、「喉輪」と共に「変化」を禁じ手にすべきだ。

2015年3月16日 (月)

水素社会の実現性は

「燃料電池による水素社会」が謳われていますが、この水素はどうやって造るのでしょう。
もし電気エネルギーを使うのであれば、「水素製造に要する消費電力量」は、「造り出される水素による発生電力量」より充分に小さいことが必要です。
そうでなければ、他の手段を見つけ出す必要があります。誰かが研究しているのでしょうか。水素社会になれるかどうか、これにかかっていると思います。

2015年3月 8日 (日)

通販の低価額・小型商品の送料は、高い

楽天市場の各店舗における「送料別商品」では、送料は商品価額7000円未満は本州540円、九州756円で、7000円以上は本州は無料になっている。
例えば、楽天市場セレクト通販ShopUのDC変換プラグの商品価額は324円(参考:サイズ10×50mm以下の小型商品)ですが、7000円未満なので、その送料は本州540円、九州756円です。
商品価額324円+送料540円で支払金額の合計は864円(商品38% 送料62%)です。
このような商品は馬鹿馬鹿しくて絶対に買いません。どうしても買わねばならない人以外には、絶対に売れないでしょう。
送料は、商品の金額、サイズや重量等から適正な価額にすべきです。
例えば、例にあげた小型商品なら定形郵便物や定形外郵便物で送付すればもっと安く送付することできます。100gr以下140円、150g以下205円、250gr以下250円、500gr以下400円などです。
送料は楽天が決めることではなく、各店舗が決める事だと云われるでしょうが、商品が売れなければ、楽天も困るでしょう。
楽天は楽天市場の店舗を管理・指導する立場にあり、統一することは必要でしょう。
楽天が先頭に立って送料の見直しを行なうべきです。

2015年3月 6日 (金)

プリント用紙の変更で明るさ調整の不具合解決

エプソン製インクジェットプリンターPX-930は、最大の明るさで印刷しても暗くしか印刷できません。
やむなく何時もAdobe Photo Elements12でリタッチして印刷しています。
リタッチ作業は非常に面倒な作業です。
プリンタ推奨のエプソン製写真用紙KA4100PSKR(100枚4260円)を富士フィルム写真仕上げValue(100枚2630円)に変えてみたら、PX-930の明るさ調整範囲内で、正常な明るさで印刷できるようになりました。
エプソンが推奨しているエプソン製写真用紙がエプソン製プリンタに全く合わず、他社製品がマッチングするなんて本当に馬鹿げた話です。
用紙の厚さは少し薄いが、価額は40%も安価。正常に印刷ができて且つ価額が安いなんて願ったり叶ったりです。
これからはメーカーの推奨は、鵜呑みにしないことにしよう。

2015年3月 2日 (月)

補助金を受けた企業であることは知らなかったの証明

「補助金を受けた企業であることは知っていた」の証明は、容易ですが、「知らなかった。」の証明は、どうやってするのでしょう。大臣殿、科学的に証明して下さい。

2015年3月 1日 (日)

政治資金規正法のザル法は改正すべき

「補助金を受けた企業であったことを知らなければ企業献金を受け取っても罪はなし。」としている法律は、知っていても知らないと云えば罪にはならないザル法の見本みたいなものです。
国会では、ある大臣は「補助金を受けた企業であることは知りませんでした。私は法を犯してはいません。」と云い、この押し問答では何も解決はしません。
政治資金規正法の改正が必要です。
大臣や議員を法でいくら縛っても抜け道をすぐ見つけるでしょうから、補助金を受けた企業が企業献金したとき企業にダメージを与える罰則を設けたが効果的です。
源から断つ方法です。
「補助金を受けた企業は、5年内の企業献金は禁止します。この期間内に企業献金した企業は、企業献金したことが分った時点から5年間企業活動は停止、補助金を全額返納する。」にすればよいと思います。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ