« 補助金を受けた企業であることは知らなかったの証明 | トップページ | 通販の低価額・小型商品の送料は、高い »

2015年3月 6日 (金)

プリント用紙の変更で明るさ調整の不具合解決

エプソン製インクジェットプリンターPX-930は、最大の明るさで印刷しても暗くしか印刷できません。
やむなく何時もAdobe Photo Elements12でリタッチして印刷しています。
リタッチ作業は非常に面倒な作業です。
プリンタ推奨のエプソン製写真用紙KA4100PSKR(100枚4260円)を富士フィルム写真仕上げValue(100枚2630円)に変えてみたら、PX-930の明るさ調整範囲内で、正常な明るさで印刷できるようになりました。
エプソンが推奨しているエプソン製写真用紙がエプソン製プリンタに全く合わず、他社製品がマッチングするなんて本当に馬鹿げた話です。
用紙の厚さは少し薄いが、価額は40%も安価。正常に印刷ができて且つ価額が安いなんて願ったり叶ったりです。
これからはメーカーの推奨は、鵜呑みにしないことにしよう。

« 補助金を受けた企業であることは知らなかったの証明 | トップページ | 通販の低価額・小型商品の送料は、高い »

科学・IT・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/61237010

この記事へのトラックバック一覧です: プリント用紙の変更で明るさ調整の不具合解決:

« 補助金を受けた企業であることは知らなかったの証明 | トップページ | 通販の低価額・小型商品の送料は、高い »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ