« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

「1票の格差」の判決の差は、何故

「1票の格差」に関する16件の訴訟の判決は、違憲1件、違憲状態11件、合憲4件でした。16件の「格差」には差があると思いますが、どうして判決にこのような差が出るのでしょう。判決に客観性はあるのでしょうか。いつも疑問に思っています。

2015年4月24日 (金)

用語VTRは、放送では使用禁止用語にすべき

テレビ朝日はいつもアナウンサー、MCは「映像」を「VTR」と言うので、改めるように何度も申し入れていますが、全く無視されています。
例えば報道ステーションの古館さんは、「映像」と言うべき所を「VTR」と言っています。クイズ番組「Qさま」でも同じです。他局でも同様です。
「映像」を見せるのに「VTRを見て下さい。」と云うのは、「写真」を見せるのに「カメラを見て下さい。」と云うのと同じで、VTRの使い方を間違えています。
放送では、用語VTRの使用は禁止にしたらどうでしょう。

2015年4月14日 (火)

オンキョウ製セットコンポX-NFX7の欠陥

オンキョウ製セットコンポX-NFX7は、音質は良いのですが、残念なことに下記の欠陥があり、MP3での選曲が不能です。これは手抜きなのでしょうか、それともIT技術が劣っているのでしょうか。このような製品を販売するオンキョウは、社会的責任のある企業とはとても思えません。
下記をお読み頂き、ご意見をお聞かせ下さい。
欠陥1
FM放送、AM放送、CD、外部入力は、MP3をメモリに録音時いずれもFMREC001、 CDREC001、*****、*****で8文字+3桁の連番で構成されるコードが表示されますが、放送については録音後、この表記されたコードをリモコンにある半角英数字と半角カナの10文字の名前に変更できます。
しかし、放送以外についてはリモコンで名前に変更できませんので、コードが何が録音されたかメモをとり選曲時にこのメモ(最大フォルダ999、ファイルで9999)を見ながら選曲しなければなりません。
欠陥2
放送以外について、フォルダやファイル名に名前を書き込むにはパソコンで書き込まねばなりませんが、10文字しか書き込めないのでCDのアルバム名を表示するには、字数が非常に不足します。
殆どアルバム名の頭部分の表示となりますので、アルバム名は表示できないと云った方がよいのかも知れません。最低でも30文字は必要。
例:ベートヴェン ヴァイオリンキョウソウキョクダイ**バンOp**(36文字)
10字では「ベートヴェン ウ」としか表示できません。
欠陥3
フォルダを名前順に並べ替えて、表示させることができません。名前順に表示されるには、パソコン上でフォルダを上から順に一つずつコピーしてメモリの貼付けて行かねばなりません。数十フォルダならそれもできますが、数百にもなると、大変な作業になります。根気のある人にしかできません。一般人ではできないでしょう。
欠陥4
欠陥3が解決されても、フォルダの階層は1階層なので、最大999の中から選曲するには最大999個スライドさせて選択しなければなりません。3階層あれば、選曲は簡易で効率的になります・
欠陥5
以上の欠陥がるので、製品をリコールして修理すべきとオンキョウのサービスセンターに申し入れましたが、これは欠陥ではなくこの製品の仕様なので、改善・修理はしないと云っています。
会社側に立ち顧客の立場に立たず改善・修理をしないサービスセンターは、正しい姿勢なのでしょうか。

2015年4月10日 (金)

サッカーボール事件の賠償責任は誰にあるのか

サッカーボール事件の賠償責任は親にはないとした最高裁の判決が出たが、それでは誰にあるのだろうか。
蹴飛ばされたサッカーボールが道路など学校の外へ出ないように網を張るなど措置をしていなかった学校に賠償責任があると思う。
これを一審、二審、最高裁も何故分からなかったのだろう。

2015年4月 9日 (木)

日本国憲法第九十五条は何処へ行った

国は辺野古飛行場建設に関する特別法を立案し、憲法九十五条に従って制定可否を沖縄住民による住民投票で行うべきだ、
制定には住民の投票で過半数以上の同意が必要。
だが、国はこれを避けるため特別法を制定せず、知事の了解を得たとして辺野古の飛行場建設を強行している。
憲法無視状態にある。

参考:日本国憲法第九十五条
第九十五条[1] 一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

2015年4月 1日 (水)

アンプの定格出力と性能(音質)・機能

プリメインアンプのLINE構成は、定格出力が大きい程性能(音質)・機能をよくなっています。
日本では需要の多い家庭の部屋の大きさは6畳~10畳ですので、大出力は必要ではありませが、性能(音質)・機能は必要です。
6畳~10畳の広さに合った定格出力の機器でも、大出力機器と同じ性能(音質)・機能を持たせるべきです。
従って、LINEは性能(音質・機能は同じとし、定格出力の大小のみで構成すべきです。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ