« 新国立競技場問題の責任をとるべき人は、下村文科大臣と建築家安藤氏 | トップページ | 新国立競技場の必要要件の提案とその理由 »

2015年7月19日 (日)

安保法案の賛否で衆議院の野党の退席は、怠慢であり無責任

安保法案の賛否で、衆議院の野党は退席せず、何故反対票を正々堂々と入れないのでしょう。
野党も国民が総選挙で選んだ議員で、国民の代表者なのですから、選んだ国民に代わって反対票を入れるべきでしょう。
退席は怠慢で無責任であり、この戦法は古くさい。国民の総選挙の投票率が、低いと云われ続けられていますが、野党議員も国民並みのレベルですね。

« 新国立競技場問題の責任をとるべき人は、下村文科大臣と建築家安藤氏 | トップページ | 新国立競技場の必要要件の提案とその理由 »

社会(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/61914309

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案の賛否で衆議院の野党の退席は、怠慢であり無責任:

« 新国立競技場問題の責任をとるべき人は、下村文科大臣と建築家安藤氏 | トップページ | 新国立競技場の必要要件の提案とその理由 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ