« 下村文部科学大臣は更迭すべき | トップページ | 下村文科大臣、新国立競技場のデザイン選択理由を何故今頃求めるのか »

2015年7月 8日 (水)

新国立競技場の有識者会議の決定は正しいのか

新国立競技場の有識者会議が7月7日に行われましたが、有識者会議のメンバーに何故第三者をいれないのでしょう。これでは、有識者会議とは云えない。
また、欠席した安藤氏以外の有識者は、全て建築に関しては素人。問題となっているキールアーチの是非を問うために、何故、安藤氏以外の建築家をメンバーとして入れなかったのでしょうでしょう。
第三者のいない有識者会議の決定は無効です。
問題点は二つ。
① 費用と財源
キールアーチは2520億円と費用が掛りすぎます。この費用は、国家プロジェクトとして適切だといった人がいました。本当にそう思いますか。また、財源が500億円以上も不足しています。
財源がないにも拘わらず、何故、満場一致で決まるのでしょう。(国立なのに、何故東京都に500億円を負担させても不足。)
出席された有識者は、全員金銭感覚が麻痺しています。出席した有識者が負担するわけではないから、どうでもいいと思っているのでしょうね。
それともオリンピック増税でもしますか(2000円/人)。それはお断りします。
財源もないのに、何故費用のかかるキールアーチに拘るのでしょう。 競技・観覧が快適に行える構造に変更し、費用は他国並みに抑えるべきです。
面子は捨てて下さい。国民は迷惑しています。
② キールアーチの建設技術
キールアーチは、或る報道では技術的に未知な構造で不可能とも云っています。
有識者会議では、これに関して質疑応答が全くありません。第三者の建築家を入れていないからです。
キールアーチ構造は技術的に無理だと分かり、キールアーチ構造は断念せざるを得ないことになったら、世界の笑いものになるでしょう。また、オリンピック史に「2020年の東京オリンピックは開催できなかった。」の記録を残すことになるでしょう。
建設中或いは開催中にアーチが崩落でもしたらどうするのですか。諸外国からのインフラ受注は皆無となるリスクもあります。
一体誰が、この責任をとるのでしょう。安部総理、森元総理、下村文部科学大臣、遠藤オリンピック担当大臣、舛添東京都知事、誰なのでしょう。決めておいて下さい。

« 下村文部科学大臣は更迭すべき | トップページ | 下村文科大臣、新国立競技場のデザイン選択理由を何故今頃求めるのか »

社会(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/61858630

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立競技場の有識者会議の決定は正しいのか:

« 下村文部科学大臣は更迭すべき | トップページ | 下村文科大臣、新国立競技場のデザイン選択理由を何故今頃求めるのか »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ