« 「映像」を「VTR」と云うTV放送関係者、教養の無さが分る | トップページ | ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」は似ている »

2016年5月15日 (日)

桝添都知事の釈明は非論理的、守銭奴に見えてきた

桝添都知事の記者会見をテレビで試聴しました。確認のためインターネットで説明文を読みました。
桝添都知事は宿泊費を自払いしたくないので「会議をした。」を利用し、追求されれば「会議した人に迷惑を掛けたくないので誰であるかは云えない。」を盾にして逃げようとしていることがよく分りました。
政治家はよくこの手を使いますが、何事も証明出来なければ、その主張は正しいと認めることはできません。
 (1+1= 2、 1-1=0の論理。 主張の点数=1、証拠の点数=1 
    証拠があれば総合点は2で、主張は認められる。
 証拠がなれば総合点は0で、主張は認められない。 )
桝添都知事も会議をした証明が出来なければ、自ら責任をとって「会議はしていませんでした。」と云うしかありません。
桝添都知事の手法が通用するのは、せいぜい親子ぐらい。それも一度だけです。
桝添都知事は公私の区別がつかない守銭奴に見えてきました。
万引きをして盗品を返品しても罪は罪です。その罪は消えないのと同じで、返金し訂正すれば、違反が消えると思っているようですが、返金しても違反は永久に市民の心に残ります。
任期で参議院議員をお辞めになりましたが、都知事になられたのは汚点をつくっただけです。 潔く政治家を止めるべきでしょう。

« 「映像」を「VTR」と云うTV放送関係者、教養の無さが分る | トップページ | ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」は似ている »

社会(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573600/63633888

この記事へのトラックバック一覧です: 桝添都知事の釈明は非論理的、守銭奴に見えてきた:

« 「映像」を「VTR」と云うTV放送関係者、教養の無さが分る | トップページ | ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」は似ている »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ