社会(原発と環境)

2013年9月30日 (月)

廃棄物にされるLEDの金属回収と環境汚染防止

LEDは、テレビやパソコンのバックライト、照明器具、電子・電気機器の表示やリモコンなど大量に使用されています。現在、廃棄物は、大なり小なり粉砕・破砕処理がされているのではありませんか。気になります。人畜に無害なのでしょうか。
現時点は、LEDの長寿命で大量に廃棄されいないためか問題視されていませんが、これらの製品はやがて寿命や更新により大量に廃棄される時期がやって来ます。
① 現状、廃棄物処理はどう行われているのか。
② LEDの使用材料(GaAs、AlGaAs、AlGaInP、InGaNなど)は、人畜に対して影響はないのか。
③ 日本は資源のない国ですが(2006年輸入量Ga:168t=世界の72%、In:422t=世界の80%、As
  など。廃棄物で大資源国になる?)、金属回収の必要性があるのか。(回収は、環境汚染防止にもなる。)
を調査する必要があると思います。
調査結果、「環境への影響あり。」や「回収が必要。」であれば、
① 環境汚染防止
② 廃棄物処理方法
③ 金属回収方法の技術開発
④ 立法
が、必要だと思います。
そして、大量廃棄時期に遅れることなく、国(環境省、経済産業省、厚生労働省など関連省庁)は調査・技術開発・立法等をお願いしたいと思います。
シリコンバレーなどでおきた塩素系有機溶剤や福島原発事故による放射性物質による地下水及び土壌汚染のようなことは、まっぴらご免です。

 

 

 

2013年9月23日 (月)

福島原発港湾堤防の封鎖について

阿部総理は、IOC総会での最終プレゼンテーションにて福島原発港湾はコントロール下にあると公言されましたが、堤防の一部が開放されおり魚類のみ出入りを防止していますが、太平洋と海水の出入りは自由です。
堤防が解放されている箇所も船が通れる最小限の幅・深さまでコンクリートで封鎖し、船舶が通行する箇所に開閉門を設けて、海水の出入りを止めるべきではありませんか。地下水凍結工事には月数が掛かるでしょうから.。

「汚染水はコントロール下にある。」とは?

安倍総理は、IOC総会で「海水のモニタリングでは、WHOの飲料水の水質ガイドラインの500分の1以下で、コントロール下にある。」と公言されました。
福島原発人災事故は、
①自然の脅威
②設計技術者、原発管理者等の
    a)傲慢さ・驕り
  b)無謙虚さ(「冷却電力は絶対確保すべき」の提言を無視)
    c)怠慢
       地球では、1960年チリ地震マグニチュード9.5、1964年アラスカ地震M9.2、1965年アリューシャン
    地震M8.7、2004年スマトラ沖地震M9.1で、東北地方太平洋沖地震並またはそれ以上の地震が
       50年前からおきています。日本でおきないと誰が云えます。想定外とは云わせませんよ。
    原発の地震・津波対策設計はできたはずだし、建設後の対策・措置にも充分な年数がありました。
により発生したもの。当然おこるべくして、おきたものです。
東京電力の福島原発事故措置等が、WHOの飲料水の水質ガイドラインの1/500以下に抑えているわけではありません。福島原発港湾内の海水で希釈されているだけの話です。これを「コントロール下にある。」とするかどうかは、政治家の良識と科学的知見によります。

2013年3月15日 (金)

2011年3月の計画停電に協力しなかった東京都民

3月14日は、2年前東京電力の計画停電(輪番停電)が始まった日です。思い出したくもない計画停電ですが、一言云いたくて筆をとります。
東京電力はテレビで「より一層の節電をお願いします。」と呼びかけ、一方では電力需要の抑制に大いに寄与できる東京都を計画停電に組み入れず、東京都の計画停電による期待需要電力量を東京都以外の地区に負担させる計画停電を推し進めました。
東京都を組入れない理由は、報道によれば「東京都区内は人口密度が高く信号機やエレベータが多い。混乱を避けるためで、夏は東京都も計画停電に組入れます。」 でした。
東京都に限らず、どこの地域だって大なり小なりこのようなことはおきます。このような理由では、夏でもできない筈です。極めて非論理的です。誰もが,納得できる理由にはならないと思います。本当の理由は、他にあったのではないかと思っています。
本来ならば、「東京都は日本の中枢ですので、東京都すべてを停電すれば国の機能が停止・麻痺します。日本の中枢を止めるわけにはまいりません。」と云うべきでした。
更に付け加えれば、「中枢からはずれる区は、この計画停電に組入れます。」があれば、みんなが納得したと思います。
しかし、東京電力は何を考えたのか分りませんが、東京都を計画停電に組み入れずに、都民には全く協力させることはしませんでした。
都知事、区長、都民も「東京都は日本の首都、日本の中枢だから当然のこととである。」と思っていたのか、計画停電に協力するとは一言も云いませんでした。
それどころか、東京都のAD区とAK区の2区長は、某テレビ番組などで、区に何の連絡も無く、ホームページで計画停電にAD区とAK区の組み入れを発表するとは全く怪しからんと叫んでいました。
少ないものを分かち合う気持ちがあれば、区長の口から「他にも協力できる区はあると思いますが、まずは東京都を代表して、協力させて頂きます。」の言葉が出たと思いますが。
このとき、区長やその区民は何を考えていたのでしょう。自分の区民のことしか考えないエゴの塊、なんとまあ非人間的で冷たい人達だなあと思いましたね。驚き呆れました。
」が、東日本大震災からよく使われるようになりましたが、この両区には「絆」の無さに加え少ないものを分かち合う気持ちなかったのでしょうね。
東京都民の非協力は、東日本大震災の汚点の一つとして歴史に残り、いつまでも非難され続けられるでしょうね。
東京都は原子炉冷却で福島に真っ先に消防車を送り込みましたが、これで帳消しにはなりません。汚点は、汚点です。
東京電力は政府に計画停電の実施の了解を求めたようですが、社長自らがテレビに出て計画停電について東京電力管轄の契約者に説明する姿を見た記憶がありません。
それとも見落としたのでしょうか。いや、きっと見落としたのでしょうね。
契約者は、ホームページ等の実施計画表とマスコミの報道や市の広報スピーカで実施時刻が知らされるだけでした。
電力事業は独占事業で選択肢が全くないのですから、契約者は黙って従うしかありません。
「東京電力が計画停電に東京都を組み込まない不平等な電力需要抑制」について、国は完全に口を閉ざし、行政指導を全くしなかったのは何故なのでしょうか。
この不平等な電力需要抑制に対する指導者の黙りは、人間の性で自己防衛機能が働いて自分に不利益なることは何もしないことによるものなのでしょうか。こんな姿を見ていると、政治家は本当に国民のために行動しているのが、ふと疑問を抱きましたね、
2011年3月の計画停電には、公平と公正そして絆や少ないものを分かちあう気持ちがあったのでしょうか。

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ