文化(音楽)

2016年7月 7日 (木)

Windows Media Player 12の功罪

Windows Media Player 12を使っていますが、
A)アルバム情報の正確さ
B)タイトルの重複
C)アルバムの分類
D)変換
で、善し悪しがあり、全面的にWMPを利用してはいません。
B)とC)に欠陥?があり、音楽の再生には使用していません。A)とD)を使って全てのCDをMP3に変換し、USBメモリ保存しにタイトル数約10000を他器で再生しています。
それでは以上の項目について説明しましょう。
A)アルバム情報
Windows Media Player 12を開きCDを挿入すると、タイトル、トラック番号、参加アーティスト、作曲家が表示されます。このアルバム情報はCDに収録されていない情報ですので、重宝しております。
しかし、中には全く異なる情報が表示されることがあり、面食らうことがあります。
今までの経験では、国内盤では一度もなく、輸入盤で数回ありました。輸入盤の1枚物では一度もありませんでしたが、2枚またはセットもの(5CD, 8CDなど)でおきており、2枚組では3回、セット物では3回ありました。
また、誤情報ではなく、全く別のCDであったことが1回ありました(CDに印刷されているアルバム名は正常だが、中身が別のCDでした。)。
誤情報であるかどうか、直感で直ぐ分るものと、CDの印刷面や解説書などに書かれている情報と見較べないと分らないものあります。
直感で直ぐ分らないCDについては
まず、Windows Media Player 12を開きCDを挿入したときに表示されるタイトル3~4個の長さ(時間)をCDの印刷面や解説書に記載されている時間と見較べます。
1.異なる場合は、別のCD。タイトル名、トラック数を確認し聴いた上で間違いなければ、販売店に交換を要請します。
2.同じ場合は、
CDの印刷面や解説書のタイトル名と見較べます。
2-1同じなら、MP3等で取り込みます。
タイトル情報としては不要なものでタイトルが長くなり、後述される楽章やテンポがWMPやCDプレーヤで表示されないことよくありますので、適切な長さに収まるように修正します。
参加アーティスト、作曲家など誤記や記入漏れがあれば、修正や書き込みをします。
取り込み後の修正は面倒な操作が必要ですので、取り込む前に措置しておきます。
2-2異なれば、
a.解説書情報で「編集」を使って修正し、MP3等で取り込みます。
タイトル名の長さは、適切な長さにします。参加アーティスト、作曲家など誤記や記入漏れがあれば、修正や書き込みをします。
b.タイトルを右クリック→「アルバム情報検索」をクリックし一致していないタイトルを修正する方法がありますが、取り込んだ後でないと修正出来ませんし、自分の好みにすることもできませんので使っていません。

B)タイトルの重複
1タイトル1個が音楽鑑賞上守られるべきものです。この原則がWMPでは守られていません。
実例で説明しましょう。
アルバムを開くと、タイトルが表示されますが、タイトルが何個も重複されて表示されています。
下図をご覧下さい。重複の1例ですが、同じタイトルが24個あります。この重複原因は何処にあるのでしょう。このタイトルを右クリックし、プロパティをクリックするとタイトルの場所が分ります。
24個の場所を全て調べると、場所が7箇所ありそれが幾つもダブっていました。
1.この7箇所は、必要があって7フォルダーにアルバムを保管していた場所です。
CDを取り込むと、ライブラリのマイ・ミュージックにアルバムが保管されるのですが、WMPを開いている間、メディア・ライブラリの更新が行なわれ、マイ・ミュージックにあるフォルダーにのみならずコンピュータにある全てのファイルを検索して収集しタイトルとして表示されている。
→1個ではなく、少なくとも保管数は重複される。
2. WMPを開いている間メディア・ライブラリの更新が常に行なわれ、7箇所全てを収集しても収集は止まらずいつまでも収集し続け、7個ではなく24個にもなっています。その後直ぐ見たら26個になっていました。
→タイトル重複は無限に向って限りなく続く。
25個を削除しても、タイトル収集は再開して重複していく。
また、アルバムボタンをクリックで表示される画面の1番下にある「不明」の欄では約2万個になっています。削減しても直ぐ2万個まで収集してしまいます。
削減は無駄な行為と云うことです。
WMPの再ンストールをしてみましたが、WMOのタイトル収集癖はなくならい。
要するにWMPは1タイトル1個に制限する機能がない欠陥アプリなのです。
                        注:下表をクリックして下さい。拡大し読みやすくなります。
Concertno2524_2
c)アルバムの分類
WMPのアルバムの分類は、アルファベット、アイウエオ、数字しかなく、フォルダー階層での分類はできませんので、数百のアルバムを快適に選択することは出来ません。
因みに、ジャンル別の記号をアルバム名の前に付けてみましたが、上下のスクロールで選択は快適では無く極めて不便でした。
それに加えて、WMPの更新機能で、ジャンル別に分類に従来のアルバムが追加されるのでアルバム管理に手間がかかるなどするので、WMPのアルバム機能(注:WMPを開くと左に表示されるアルバムボタン)では再生していません。
現在のアルバム再生は次の通りです。
Dドライブに下図の分類フォルダーを構築して、ここにアルバムを保管。
1)聴きたいアルバムを開きタイトルをクリックし、USBDACを使ってアンプで聴く
2)USBメモリに保管して、USBメモリを再生出来るCDプレーヤで再生して、アンプで聴く。
2方法がありますが、殆ど2項で聴いています
参考
音楽の分類
M1:クラシック器楽
M2:クラシック声楽
M3.ポピュラー器楽
M4:ポピュラーヴォーカル

 M1:クラシック器楽の分類

Photo_5
M3.ポピュラー器楽

Photo_8

D)変換
WMPにはCD(PCM)を変換する方法が幾つかありますが、使用容量の少ないMP3を使っています。
256Kbpsでは、115Mb/CD1枚 (~15KHz)
320Kbpsでは、144Mb/1CD   (-20KHz)
音質がCDより低下しているとは思われません(下記の再生機器)。
これを云うと、耳が悪いのでは云われる人がいますが、CDと聴き比べても違いは分りません。一度目隠しをして聴き比べてみるとよいと思います。

参考 
1.再生
MP3再生機の都合で、256Kbpsと320Kbpsで変換し、データー量を大幅に減らしています。
タイトル数で10000曲越です。(曲・楽章はタイトルとして勘定)
・再生機器
  1.Windows7、USBDAC、PMA1500、112EX、SX-500
  2.A)NetworkCD-N500、PMA1500、D-212EX、SX-500 
   B)NetworkCD-N500、DAC、PMA1500、D-212EX、SX-500
   NetworkCD-N500は、日本語漢字を表示出来る唯一の機器。
  3.CLX-30(256Kbps、本来は320Kbpsも動作する筈なのですが、音飛びをします。)
   半角英数字と半角カタカナ文字のみ表示。。
・利用
1.バックミュージックとして聴く場合は2-B。アルバム連続再生が可能。
2.真面目に聴くときは、2-A。アルバム連続再生が不可能。
3.1は殆ど利用していない。

2.Windows Media Player 12の再インストール方法
  「Windows機能の無効化と有効化」を使って再インストールする。
  「Windows機能の無効化」(=アンインストール)
    1.コントロールパネルの「プログラム・アンインストール」を開く。
    2.左上にある「Windows機能の無効化と有効化」をクリックする。
    3.しばらく待つ。
    4.「メディア機能」の+をクリックする。
    5.「Windows Media Player」のチェックを外す。
    6.「OK」をクリックする。
    7.再起動する。
    8.「Windows Media Player 12」のアンインストール完了。
  「Windows機能の有効化」(=インストール)
    1.コントロールパネルの「プログラム・アンインストール」を開く。
    2.左上にある「Windows機能の無効化と有効化」をクリックする。
    3.しばらく待つ。
    4.「メディア機能」の+をクリックする。
    5.「Windows Media Player」にチェックを入れる。
    6.「OK」をクリックする。
    7.再起動する。
    8.「Windows Media Player 12」のインストール完了。

2016年5月30日 (月)

ショパンの「幻想曲」と中田喜直の「雪の降るまちを」は似ている

ショパンの「幻想曲」を聴くと、いつも冒頭で中田喜直の「雪の降るまちを」の歌詞が脳裏に出てきます。
そっくりだなと感ずるのです。皆さんは、感じませんか?
偶然なのでしょうか、
それとも中田喜直には失礼とは思いますが、パックったのでしょうか。
どちらなのでしょう?

2014年10月29日 (水)

ポピュラー系の歌手の皆様、耳障りな「息継ぎ音」だけは聴かせないでください

クラシックからポピュラーまで色々な歌を聴いていますが、「サ行シ音」と同様に、最近「息継ぎ音」が耳障りで気になって仕方がありません。
特に気になるジャンルは、Popular Musicです。
「息継ぎ音」の大小は歌手や曲によりますが、中でも「息継ぎ音」が特に気になる曲があります。
テレビ番組「関ジャニ∞仕分け」で26連勝したMay J.さんの「Let It Go ~ありのままで~」です。
この曲では「息継ぎ音」がすごく、非常に耳障りです。
この歌手の「FAMILY」(2009年発売)、「May J.BEST -7 Years Collection」(2013年発売)では「息継ぎ音」はありませんでしたが、「Summer Ballad Covers」(2013年発売)で、出始め、今流行っている「Let It Go ~ありのままで~」(2014年)では、「息継ぎ音」が酷くなっています。
でも2014年発売の同じアルバムにある「手紙 拝啓15の君へ」では、「息継ぎ音」がありません。
時ともに「息継ぎ音」が歌曲によっては出るようになったのでしょうか。
このような「息継ぎ」をしないと、「Let It Go」が歌えないのでしょうか
松高子さんやイディナ・メンゼルさんの「Let It Go」では、「息継ぎ音」は聴こえてきません。
他の歌手はどうでしょう。
テレビ番組「関ジャニ∞の仕分け」で、May J.さんの27連勝を止めたサラ・オレインさんも「息継ぎ音」があります。
テレビ番組「関ジャニ∞の仕分け」で、May J.さんと「アメージング・レース」で勝負したヘイリーさんには、「息継ぎ音」はありません。(余談ですが、負けたヘイリーさんの方が、歌に魅力がありました。)
グインを使う奄美民謡歌手城南海は、透明感のある歌唱をしますが、深く息をする「息継ぎ音」がする曲があります。
J.POPを歌っている米国出身のクリス・ハートさんも、曲によっては「息継ぎ音」(例:「スタートライン」、「まもりたい」など)が気になります。
歌詞が歌われてい部分が如何に素晴らしくても、後に続く「息継ぎ音」の程度によっては、「息継ぎ音」が歌の「素晴らしさ」を損なわせます。体操競技に例えれば、減点です。
歌曲や或いは時とともに息継ぎ法が何故変わるのでしょうか、それともマイクの使い方が変わるのでしょうか。それとも体調?
「息継ぎ音」が出る歌手は、「息継ぎ音」を気にしていないのでしょうか。それとも無くそうと努力はしているが無くすことができないのでしょうか。
(カラオケマシンでは、「息継ぎ音」は採点対象になっていないようですが、 採点対象にしてはどうでしょう。そうすれば、歌手は、「息継ぎ音」を無くす努力をするのではありませんか。)
「息継ぎ音」は、楽譜にはありません。歌手が勝手に作った雑音です。
ポピュラー系の歌手の皆様、聴き手のために、「息継ぎ」で音が出ない息継ぎ法を研究し、「息継ぎ音」だけは聴かせないでください。
そうすれば、あなたの歌声をもっと心地よく聴けるのです。

「息継ぎ音」の確認
1.May J.
   ①アルバム「FAMILY」(2009年発売)、アルバム「May J.BEST -7 Years Collection」(2013年発売)
       CDで聴きましたが、「息継ぎ音」なし
  ②アルバム「Summer Ballad Covers」(2013年発売)
      CDで聴きましたが、曲(「First Love」、「なつまつり」など曲によって「息継ぎ音」あり
  ③「ハナミズキ」
      テレビ朝日「関ジャニ∞仕分け2014年9月」を視聴
      後半で「息継ぎ音」少しあり
  ④「I dreamed a dream」
      テレビ朝日「関ジャニ∞仕分け2014年9月」を視聴
      「息継ぎ音」なし
  ⑤「Let It Go ~ありのままに~日本語ver.」(2014年発売)
      レコチョコでHeartful ver.、ザ・コンプリーセット、エンドソングを聴いて、「息継ぎ音」あり。
 
 最近の状況
 2014年の日本コード大賞や紅白歌合戦で歌われた「Let It Go~ありのままで~」では、「息継ぎ音」が
 なくなっていました。2015年1月のNHKの番組で歌われた「Let It Go~ありのままで~」や他の曲でも
  なくなっていました。
  非常に努力されたのでしょうね。やっと不愉快な思いをせず、聴くことができます。
2..松たか子
    「Let It Go ~ありのままで~ディズニー映画「アナと雪の女王」日本版劇中歌
    レコチョコ・ダウンロード版で聴きましたが、「息継ぎ音」なし。
3.イディナ・メンゼル
    「Let \it Goディズニー映画「アナと雪の女王」劇中歌英語版
    レコチョコで試聴しましたが、「息継ぎ音」なし。
4.サラ・オレイン
   ①アルバム「セレステ」
       CDを聴いて、「Both Sides Now」、「My favorite Things」、「Breath in Me」など、曲によって「息継ぎ音」
      あり。
  ②アルバム「SARAH」
      レコチョコ・ダウンロード版で聴きましたが、「A Time for US」、「若者たち」など息継ぎ音」が相当
      ありますが、「 dreamed a Dream」には、「息継ぎ音」がありません。
  ③「果てしなく続くストーリ」
      テレビ朝日「関ジャニ∞仕分け2014年9月」を視聴して、「息継ぎ音」なし。
  ④「To love You more」
      テレビ朝日「関ジャニ∞仕分け2014年9月」を視聴して、「息継ぎ音」すこしあり。
5.ヘイリー・ウェステンラ
   アルバム「クリスタル」(2006年発売)、アルバム「ピュア」(2003年発売)
   CDで聴くも、「息継ぎ音」はなし。
6.城南海
   ①アルバム「加那-イトシキヒトヨ -」の「アイツムギ」
       レコチョコで試聴しましたが、「息継ぎ音」なし。
   ②アルバム「綾蝶 ~アヤハブラ~」
       レコチョコ・ダウンロード版で聴きましたが、「息継ぎ音」がない曲もありますが、「兆し」、「はるかぜ」
       には「息継ぎ音」があり、深く息を吸い込む「息継ぎ音」がする曲もあります。
7.クリス・ハート
   アルバム「Heart Song」(2013年発売)、アルバム「Song for You」(2014年発売)
   CDで聴きましたが、「スタートライン」、「まもりたい」などで「息継ぎ音」あり。

2013年8月25日 (日)

MP3の音質と活用

家で仕事をしているときに、聴きたい音楽を、CDを取り替えないで聴けるオーディオ機器がないかと探していましたら、CDをMP3に変換し、それをSDHCやUSBフラッシュメモリに保存、選曲または連続再生で音楽が聴けるオーディオ機器がA社やB社などから発売されていることが分りました。
A社製の場合
1.変換性能(CD→MP3)
  600MBのCDは、MP3で
  a)128kbpsの場合 メモリー容量=57MB、 周波数特性=20~15KHz、
  b)256kbpsの場合 メモリー容量=114MB、周波数特性=20~20KHz
  となります。
2.選曲
  性能はメモリー1媒体当たり最大3000ファイル、300フォルダまで可能です。
  曲の分類上、必要なフォルダは少なくとも3段は必要。また、手持ちのCDによる曲数は約2900曲
  ありますが、一媒体で保存できます。
3.連続再生
  最初の曲を選択して聴くと、下位(並び順1.2.3、a.b.c~z、ア.カ.サ~ヲ)のファイル→次のフォルダに
  向って連続で流すことができます。必要によっては3000曲を全曲連続で流すこともでます。
4.出力
  最大で10W×2(8畳の洋間には、充分過ぎます。)
5.音質
  購入した時点では、歪みで聴くに忍びない音質でした。毎日5~6時間鳴らし、1週間ほど続けた結
     果、何とか聴ける状態になりました。1ヶ月ほど経過した頃、音質がよくなりました。
  しかし、1日聴かないと元の木阿弥で音質が悪くなり、数時間位毎日聴いた場合は、1時間位で音質
  がよくなります。部品が劣化していて、電力エージングでよくなるのだと思っています。
  以下の音質は、MP3(256kbps)で1時間以上鳴らした時の音質です。
  視聴したヴォーカル・楽器・演奏は、
  a)ヴォーカル:テノール~ソプラノ。バスは、視聴していない。
     b)楽器:ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、琴、三十弦琴、津軽三味線、ギター、フルート、
        オーボエ、ドラムなど
     c)小編成(I. Musiciによる「日本の四季」など)
     e)大編成(交響曲、協奏曲など)
   です。
     2900曲の視聴結果は
  a)~c)は、透明感のある心地よい音がします。
  スピーカの性能上チェロやドラムの重低音は無理ですが、バッハの無伴奏チェロ組曲やゲリーカー
     のコントラバスによるバッハを聴いても低音域もそれらしく聴けます。
     大編成による交響曲や協奏曲では、何故か一斉に鳴り響く管弦の音が濁り、歪んでいまいましたが、
     これも長時間鳴らし込むと、歪みが取れてきますが充分ではありません。
     また、MP3特有の周波数マスキング現象が、2900曲中、大音量の前に数箇所でおきましたが、
     これはやむを得ないことだと思っています。
     購入したA社のオーディオ機器の音質を悪くしている大きな要因は、MP3の能力を最大に発揮さ
   せない搭載されているアンプ(メイン+プリ)だと思っています。
     時間をかけないと音質がよくならない点について、製造会社に不具合状況を説明し、正常状態に直
  し貰おうとて思っています。
  

     不具合を修理しました。でも低音が不足なので、オーディオ出力をオンキョウ製のアクティブ・スピ
  ーカ(45Hz~100KHz、11W×2)で鳴らし聴いています。低音が豊かになり満足しています。
6.使用状況
     現在、MP3に変換したのは約2900曲(256kbpsで変換、容量は約22GB、)で、仕事中以外でも楽
  しんでいます。
     32GBのUSBフラッシュメモリ(常時使用)とSDHC(保管)に保存しています。
  歌曲など一曲、協奏曲1楽章などはそれぞれ1ファイルなので、クラッシクはファイル数が少ないが、
  1ファイル当たりの使用容量は大きい。
7.今後の予定
  テープ約400本、LPレコード約250枚をMP3化。

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ